北発射の未詳飛翔体、「潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)」の可能性高い=韓国報道

北発射の未詳飛翔体、「潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)」の可能性高い=韓国報道

北発射の未詳飛翔体、「潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)」の可能性高い=韓国報道(画像提供:wowkorea)

韓国軍合同参謀本部は19日、「韓国軍が午前10時17分ごろ、北朝鮮がハムギョンナムド(咸鏡南道)シンポ(新浦)一帯から東海(日本名:日本海)上に向けて未詳の弾道ミサイルを1発発射したことを探知した」と伝え、「韓国軍は現在、追加発射に備え、米韓間で動向を監視している」と説明した。

発射元の新浦は北朝鮮の“潜水艦のメッカ”と言われる点から、飛翔体は潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の可能性が高い。弾道ミサイル技術を活用したSLBMは国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議違反に該当する。

北朝鮮によるミサイル発射がムン・ジェイン(文在寅)韓国大統領が終戦宣言を提案して以後、米韓をはじめとする周辺国間における関連議論が活発に進行している時点という点で注目される。

ソン・キム米国務省対北朝鮮特別代表は18日(現地時間)、ノ・キュドク韓国外交部朝鮮半島平和交渉本部長と首席代表協議を開催した後、今週後半にも韓国を訪問する予定とし、終戦宣言に関して持続的な議論を続けると明らかにした。

関連記事(外部サイト)