小林経済安全保障担当相「半導体を育成して国際社会の必須国家として残る」=韓国報道

小林経済安全保障担当相「半導体を育成して国際社会の必須国家として残る」=韓国報道

小林経済安全保障担当相「半導体を育成して国際社会の必須国家として残る」=韓国報道(画像提供:wowkorea)

日本政府が米国および中国が提示した戦略に合わせて半導体産業の育成に力を注ぐと宣言した。1980年代後半、日本の半導体産業は米国を抜いて世界最大規模に成長したが、その後、韓国、台湾など後発走者に席を譲り、現在では危機にひんしている。

小林鷹之経済安全保障担当大臣は19日に行われたフィナンシャル・タイムズ(FT)とのインタビューで「日本は、日本が産業経済において“欠かせない”存在である状態で残るように保護・促進するのに失敗した」とし、「日本なしで国際社会が生存できないようにするため、優れた領域をどう構築できるかが問題」と強調した。

小林大臣の発言は岸田文雄首相が彼を経済安全保障担当大臣に任命してからわずか2週間後に出たものだ。フィナンシャル・タイムズは最近、世界各国が半導体、電気自動車などを自国で独自生産しようとする“技術民族主義”が広がっている中で出た発言だという点に注目した。それだけ、日本の高位層が自国企業はさまざまな脅威に弱いということを認識しているという証拠だという説明だ。

すでに米国のバイデン政府は、自給自足の半導体供給網を構築する案に重点を置いている。日本も大きな枠組みで、このような戦略を取るという説明である。現在、大多数の国家は半導体の需給不足によって、自動車をはじめとするさまざまな家電製品の生産に困っている。

フィナンシャル・タイムズは経済安全保障担当大臣というポストの特殊性を取り上げ、日本政府が半導体産業に対して、自国の半導体産業を後押ししていると分析した。経済安全保障上担当大臣というポストは、日本政府が世界最大の半導体メーカーである台湾のTSMCに日本工場を建設するよう説得する過程で新設された。

ハーバード大学のケネディ・スクールを卒業した小林経済安全保障相は、レアアース問題からサイバーセキュリティに至る安保問題に介入できるまれかつ強力な権限を与えられた。これにより、小林大臣は通商、金融、通信分野すべてに関与することができる。

フィナンシャル・タイムズは小林経済安全保障相が2019年に改正された外国為替と通商に関する法と関連した政府決定にも介入できると付け加えた。日本政府は同法によって国家安保上の敏感な経済分野を三つの等級に分けることで、一部の海外投資家は日本政府が行動主義資本の投資を抑制できる。

小林経済安全保障担当相はTSMCの工場誘致を「半導体産業復興のための第一段階」と強調した。彼は「政府が他の半導体強国と競争するための国家補助金および支援とともに、10年後の国家政策をどのように設定したのかを速かに示す必要がある」と述べた。

小林経済安全保障担当相は「ここで止まれば日本の半導体産業の復興はない」とし、「(日本の半導体政策が確実になってこそ)半導体産業と関連した日本企業が国家的努力の一環として一緒に働きたいという動機を感じるだろう」と見通した。

関連記事(外部サイト)