北朝鮮「SLBMの発射実験は米国を狙ったものではない。合法的な主権行使に挑発してはならない」

北朝鮮「SLBMの発射実験は米国を狙ったものではない。合法的な主権行使に挑発してはならない」

北朝鮮「SLBMの発射実験は米国を狙ったものではない。合法的な主権行使に挑発してはならない」(画像提供:wowkorea)

北朝鮮は、米国と国際社会が19日に実施された北朝鮮による新型潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を批判したことに対し、反発した。

北朝鮮外務省の報道官は21日、朝鮮中央通信の記者と問答し「我々の正常かつ合法的な主権行使に挑発してこなければ、朝鮮半島において緊張が誘発されることは決して起きないが、米国と追従勢力が誤った行動を選択すれば、より厳重かつ深刻な結果を招く触媒剤として作用し得る」と発表した。

また、「我々は以前、米国と国連安全保障理事会が危険な『時限爆弾』を弄んでいることについて強い懸念を示したことがある」とし、国連安保理が北朝鮮によるSLBMの発射実験と関連して開催する非公式緊急会議について述べた。国連安保理は20日(現地時間)、米国と英国の要請で北朝鮮のSLBMに対する非公式緊急会議を開催した。

北朝鮮外務省の報道官は「我々の今回の発射実験が米国を意識したり、狙ったりしたものではなく、純粋な国家防衛のため以前から計画されていた事業であるだけに、米国はこれについて懸念したり悩んだりする必要はない」と強調した。

また、「米国が保有していたり、開発中であったりする同様の兵器システムを我々が開発し実験を行うからといって、これを非難することは明白な二重規範であり、朝鮮民主主義人民共和国を敵対視しないという彼らの真正性について疑念を生じさせるだけだ」とも述べた。

関連記事(外部サイト)