米国の “駐中大使”指名者「中国への強硬を “一貫”」…「台湾を助けねば」

米国の “駐中大使”指名者「中国への強硬を “一貫”」…「台湾を助けねば」

米国の “駐中大使”指名者は、中国に強硬な発言をした(画像提供:wowkorea)

米中対立が激化する中、中国駐在の米国大使に指名されているニコラス・バーンズ元米国務次官は20日(現地時間)、中国の人権・軍事力・貿易慣行などにおいて全方位的に強硬な立場であることを明らかにした。

ロイター通信などによると、バーンズ氏はこの日、上院外交委員会の人事聴聞会で「“21世紀最大の地政学的な試験”である中国との関係において、競争と協力を同時に追求していく」と語った。しかし聴聞会での発言は終始、中国に対して批判的な立場を貫いた。

バーンズ氏は「中国は『東洋は栄え、西洋は衰退する』と主張しているが、私はわが国に自信がある」とし「中国は、神のような力を持った国ではない」と語った。つづけて中国に対して「経済的・政治的にかなりの弱点と課題を抱えている」と指摘した。

バーンズ氏は「新疆ウイグル地域の集団虐殺、チベットへの虐待、台湾に対する挑発を中断すべきだ」とし「新疆に関して米国が沈黙することはできない」と強調した。

またバーンズ氏は、最近の米中間における激しい対立事案である台湾問題について、特に強く訴えた。バーンズ氏は「米国が台湾に関して “一つの中国政策”をとっていることは正しいが、現状をくつがえそうとする(中国の)一方的な行動に反対することはやはり正しい」として中国を批判した。

バーンズ氏は、中国が台湾の防空識別圏に幾度も進入していることについて「どんでもないことだ」とし「彼らが台湾を取り戻そうとする意図は明確だ」と語った。

また「(中国にとって)台湾が扱いづらい国にすることが我々の責任だ」とし、「米国は、台湾が十分に自己防衛能力を備えることができるよう助けなければならない」と力説した。

バーンズ氏は、中国の核兵器増強の動きについて「『抑止力を維持する』というこれまでの政策を無力化する行為だ」と非難し、中国の極超音速ミサイル発射試験についても「不安感をあおることだ」と語った。さらに「新型コロナウイルス感染症の起源調査は必要だ」とし「中国が全世界を妨害している」と批判した。

バーンズ氏は「中国に対する米国の優位は、米国には同盟国がいるという点だ」とし「我々には、我々のことを深く信頼してくれるパートナーがいる」とし「中国はとてつもない力を持っているが、同盟国はほとんどいない」と強調した。

関連記事(外部サイト)