「階段で排便した男を探しています」、自首促すポスターが話題=韓国

「階段で排便した男を探しています」、自首促すポスターが話題=韓国

「階段で排便した男を探しています」、自首促すポスターが話題=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国・テジョン(大田)市内のビル階段で、男が排便をして立ち去るという「珍事件」が発生した。ビルのオーナーはポスターを作成し、自首するよううながしている。

21日、あるオンライン掲示板には「排便して逃亡した人、片づけたビルオーナー」というタイトルで文章が投稿され、ポスター写真も公開された。

ポスターには「本ビル階段に”排便”した者、自首しなければ階段で用を足している防犯カメラ映像をネット上で公開する」と書かれている。

また「9月29日午後4時54分ごろ、あるバスから下車して4時56分ごろ本ビルの2階の階段に排便して、お尻を拭かずに逃亡した。午後5時にバスに乗車した」として、男の経路を詳細に記載。これとともに、ポスターには男の特徴として「20代前半、身長172センチ、体重72キロと推定される。少し長い髪の毛とヘアカラー、黒色のトップスと半ズボン、白のサンダルを着用していた」とつづられていた。

ポスターの作成者であるビルのオーナーはこの日、イーデイリーの電話取材に応じ「排便をして逃げたため、(私が)片づけた」とし、「ほかの場所にも被害が及ばぬようにとポスターを制作することにした」と明かした。

一方、ビルに無断で侵入して放尿、排便をする行為は建造物侵入罪に該当する。罪が成立すると、刑法第319条第1項により3年以下の懲役、または500万ウォン(約50万円)以下の罰金に処される。これとともに、軽犯罪処罰法第3条第1項第12号により、道など不特定多数の人が行き交う場所で大小便をする行為は10万ウォン(約1万円)以下の罰金に処される。

関連記事(外部サイト)