韓国政府「原発処理水、放出してはいけない」…国際社会での公論化に着手

韓国政府「原発処理水、放出してはいけない」…国際社会での公論化に着手

韓国政府「原発処理水、放出してはいけない」…国際社会での公論化に着手(画像提供:wowkorea)

韓国政府は日本の福島原発の処理水放出決定と関連し、国際社会での公論化に乗り出す。

海洋水産部(部は省に相当)は25日から5日間開かれる「第43回ロンドン条約および第16回ロンドン議定書締約国会議」に参加し、福島原発の処理水問題を提起すると、この日明らかにした。

ロンドン条約および議定書は、廃棄物の海洋投棄禁止に関する当事国の履行を点検・議論する国際協約だ。韓国は1993年と2009年にそれぞれロンドン条約とロンドン議定書に加入した。

海洋水産部は今回の締約国会議で、ロンドン議定書の体系にある福島原発の処理水問題に関する議論の必要性を再度主張する計画だ。また、日本政府に原発処理水の処理方式についての十分で透明な情報公開を要請する方針だ。

これに先立ち、海洋水産部は2019年と昨年の締約国会議でも福島原発の処理水問題と関連し、隣接国との協議の必要性に言及した。ことし8月には議論のための作業班構成を提案する文書を事務局に提出した。

海洋水産部のユン・ヒョンス海洋環境政策官は、「福島原発の汚染水が海洋に放出される場合に懸念される海洋環境に対する否定的な影響に国際社会が関心を持てるよう、継続して関連問題を提起していく」と強調した。

関連記事(外部サイト)