文大統領「ローマ教皇訪朝論議」 …バイデン「嬉しい知らせ」

文大統領「ローマ教皇訪朝論議」 …バイデン「嬉しい知らせ」

文大統領「ローマ教皇訪朝論議」 …バイデン「嬉しい知らせ」(画像提供:wowkorea)

主要20ヵ国(G20)首脳会議に出席するため、イタリア・ローマを訪問中の韓国のムン・ジェイン大統領が30日(現地時間)、米国のバイデン大統領と会った。

ムン大統領は同日、ローマ・ヌーボーラコンベンションセンターで開かれたG20首脳会議の公式歓迎式に先立ってバイデン大統領と会い、前日の教皇会合などをテーマに話をしたと、大統領府報道官が明らかにした。両首脳は前日、フランシスコローマ教皇と会談した。

大統領府によると、バイデン大統領はムン大統領との再会を大変喜び、「ムン大統領が来たからG20も成功するだろう」と述べた。これに対してムン大統領は「昨日教皇のお目にかかったと聞いた」とし「私も昨日お会いしたが朝鮮半島平和のために祈ってくださり、招待を受ければ北朝鮮を訪問するとおっしゃった」と述べた。

バイデン大統領は「うれしい知らせだ」とし「(朝鮮半島問題解決に)向かっている」と評価した。

関連記事(外部サイト)