米国務省、“対北制裁緩和要求”を拒否…「北が挑発やめ、対話に乗り出してこそ」

米国務省、“対北制裁緩和要求”を拒否…「北が挑発やめ、対話に乗り出してこそ」

米国務省は、対北制裁維持の必要性を改めて明らかにした(画像提供:wowkorea)

米国務省は対北制裁維持の必要性を改めて明らかにし、北朝鮮に対し「挑発をやめ、対話に乗り出すよう」求めた。

4日(現地時間)米国務省の報道官はこの日の会見で、中国とロシアが国連安全保障理事会に対北制裁緩和決議案の草案を提出したことについて「我々は(対北)制裁態勢に引き続き専念している」と語った。

つづけて「我々は、北朝鮮が不法的で驚異的な大量破壊兵器(WMD)と弾道ミサイルプログラムの改善に必要な支援と技術を確保することを制限するために、全ての国連加盟国がこれまでの国連安保理決議にしたがって制裁(履行)義務を満たすことを求める」と語った。

これは、中国とロシアの対北制裁緩和の主張について線を引いたものとみられる。中国とロシアは先月末、対北制裁の一部緩和を求める決議案の草案を国連安保理に提出したことが伝えられている。

米国は「対北制裁を維持した状態で北朝鮮が交渉に乗り出せば、制裁緩和を含めた全ての課題について話し合うことができる」という立場である。

報道官は「北朝鮮と持続的で真実なる外交を追求していく」として、挑発をやめ対話に乗り出すことを求める、これまでの立場を改めて伝えた。

また「我々は、北朝鮮住民の人道的必要に対してどのように支援できるか、同盟国およびパートナーと協力している」とし「これは、我々が専念していることだ」と説明した。

関連記事(外部サイト)