USB-Cポートを付けた旧型iphone…960万円まで急騰

USB-Cポートを付けた旧型iphone…960万円まで急騰

USB-Cポートを付けた旧型iphone…960万円まで急騰(画像提供:wowkorea)

ある大学院生がサムスンギャラクシースマートフォンのようにCタイプケーブルで充電できるアイフォンを製作し、注目を集めている。世界初の「USB-Cアイフォン」と呼ばれるこの製品は現在オンライン競売サイトで入札価格が約960万円まで跳ね上がった。

5日、オンライン競売サイト「イーベイ」によると、世界初のUSB-Cポートアイフォンが競売価格10万100ドルを記録している。

この製品は、スイス・ローザンヌ工科大学のロボット工学修士課程に在学中のケン・フィロネルが製作した。ベースとなっている製品はアップルが4年前に発売したiPhoneX(テン)であり、充電端子はサムスンギャラクシースマートフォンのようなUSB-Cタイプであることが最大の特徴だ。

カラーはスペースグレー、容量は64GBで、当時出品価格と比較すると入札価格はその約85倍だ。

業界はオークション期間が6日残っているため最終入札価格は15万ドルまで上がるものと見込んでいる。

ケン・フィロネルはこれに先立って、自分のユーチューブにUSB-Cタイプのアイフォンを製作する過程を公開したこともある。彼はiPhoneの充電方式のライトニングコネクタを逆追跡し、設計手法などの資料を手に入れた。その後、カスタム回路を設置するなど数か月間、複雑な作業を経たという。

アイフォンは2012年に発売した「アイフォン5」から「ライトニングケーブル」という独自の充電規格端子を使っている。その後USB-Cタイプ端子が新しい標準規格として開発されたが、アップルは未だにライトニング端子のままだ。

ただし現在、マックブックやアイパッドプロなどはUSB-Cポートを採用しており、アップルが最終的にアイフォンもUSB-Cへと転換するだろうという予測が、繰り返し提起されている。

関連記事(外部サイト)