大学入試まであと2日も 直近5日間で学生1363人の新型コロナ感染確認=韓国

大学入試まであと2日も 直近5日間で学生1363人の新型コロナ感染確認=韓国

大学入試まであと2日も 直近5日間で学生1363人の新型コロナ感染確認=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国教育部(文科省に相当)は16日、今月11日から15日までの5日間で韓国国内の学生1363人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。韓国の大学入試「大学修学能力試験」を2日後に控えるが、1日平均272.6人が確認されたことになる。

これは前週11月4〜8日の305.8人よりやや減少となる。今学期の累積感染者数は3万3728人に増えた。

地域別の新規感染者数は、キョンギ(京畿)が581人で最も多く、ソウル356人、インチョン(仁川)87人など首都圏で1024人となっており、全体の感染者数の75.1%を占める。首都圏以外では、チェジュ(済州)が44人で最も多く、テグ(大邱)43人、チュンチョンナムド(忠清南道)41人、プサン(釜山)36人、キョンサンナムド(慶尚南道)35人、チョルラプクト(全羅北道)34人となっている。

同期間中、教職員の感染は計92人が確認された。1日平均では18.4人、累積は2405人に増加した。

同日午前10時時点で韓国国内の2万447校中、87.6%にあたる1万7917校が登校・対面授業をおこなっていることが分かった。 2462校(12.0%)は、オンライン授業を実施し、68校(0.3%)は各学校判断による休校となった。

特にオンライン授業をおこなう学校のうち高等学校は2316校で全体94.1%を占めた。韓国国内の高校は今月18日に実施される大学入試の安全な施行のために、11日からオンライン授業に切り替えている。これにより、前日午後4時時点で韓国国内の学生593万7251人のうち377万4793人が登校・対面授業に臨む学生の割合は63.6%にとどまった。

学生街では直近5日間で大学生133人と教職員19人が新規感染者と確認された。1日平均では大学生26.6人、教職員3.8人で、累積はそれぞれ1万1392人、868人に増えている。

関連記事(外部サイト)