モデルナの設立者と会ったサムスン電子副会長、ワクチン協力を議論

モデルナの設立者と会ったサムスン電子副会長、ワクチン協力を議論

モデルナの設立者と会ったサムスン電子副会長、ワクチン協力を議論(画像提供:wowkorea)

米国を訪問中のサムスン電子イ・ジェヨン副会長がバイオ企業モデルナと移動通信企業ベライゾンの経営陣と会合し、協力案を模索した。

イ・ジェヨン副会長は17日(現地時間)、世界最大の移動通信事業者ベライゾンの米ニュージャージー州本社を訪問し、ハンス・ベストベリ(Hans Vestberg)最高経営者(CEO)ら経営陣と会って、次世代移動通信分野の協力案について意見を交わした。

特にイ副会長は前日16日、米マサチューセッツ州ケンブリッジで、Noubar Afeyanモデルナ共同設立者兼取締役会議長とも会った。

イ副会長とNoubar Afeyan議長は新型コロナウイルスのワクチン協力案、今後の追加の協力案などについて意見を交わしたという。

関連記事(外部サイト)