文大統領支持率34%...?前週比3%下落し6か月ぶりに最低水準=韓国

文大統領支持率34%...?前週比3%下落し6か月ぶりに最低水準=韓国

文大統領支持率34%...?前週比3%下落し6か月ぶりに最低水準=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領の職務肯定率が34%まで下落し、6か月ぶりに最も低い水準となった。

世論調査専門機関の韓国ギャロップが今月16日から18日まで、全国満18歳以上の1000人に対し、文大統領の職務遂行評価について調査した結果、前週より3%下落した34%が肯定評価した。

ことし5月第3週目(34%)以来、最も低い水準である。否定評価は前週より2%上がった59%だった。その他は意見を留保した(どちらでもない3%、知らない/応答拒否4%)。

年齢別で見ると、肯定・否定率は20代27%・58%、30代30%・62%、40代40%・58%、50代40%・55%、60代以上32%・62%となり、全年代で肯定率が半分を下回った。

支持する政党別で見ると、共に民主党支持層の75%が肯定評価し、国民の力支持層の93%が否定評価した。無党層でも否定率が上がった(肯定26%、否定55%)。

政治的性向別の肯定評価率は、進歩層60%、中道層33%、保守層15%だった。

大統領職務遂行肯定評価者にその理由を尋ねた結果(337人、自由回答)、「外交/国際関係」(29%)、「新型コロナウイルス対処」(18%)の順だった。「福祉拡大」4%、「最善を尽くしている・頑張っている」4%が続いた。

否定評価者は不正評価の理由として(594人、自由回答)、「不動産政策」(37%)が圧倒的だった。「経済/民生問題の解決不足」12%、「全体的に不足」6%、「新型コロナウイルス対処不足」4%、「リーダーシップ不足/無能」4%だった。

詳しい調査概要と結果は、韓国ギャロップホームページまたは中央選挙世論調査審議委員会ホームページを参照。

関連記事(外部サイト)