中国のテニス選手・彭帥さんの安否問題…WTAは「懸念ぬぐえず」、フランスも「問題注視」=台湾報道

中国のテニス選手・彭帥さんの安否問題…WTAは「懸念ぬぐえず」、フランスも「問題注視」=台湾報道

中国のテニス選手・彭帥さんの安否問題…WTAは「懸念ぬぐえず」、フランスも「問題注視」=台湾報道(画像提供:wowkorea)

中国のテニス選手・彭帥(ポン・シュアイ)さん(35)が所在不明になっている問題について、北京で行われている中国国内のテニス大会で彭選手が安全な状況にあるという書面発表が出された。しかし、女子テニス協会(WTA)は、 彭選手の安否への懸念はぬぐえないとしている。

「ロイター」によると、 彭選手は11月2日にSNSで中国国務院前副総理・張高麗氏による性的暴力を告発した後、一度も公に姿を現していない。

これについて、北京で行われているテニス大会「鑽石杯青少年網球挑戦賽」の主催者が22日、公式SNSにおいて彭選手が決勝戦を観戦する様子を捉えた写真を公開した。「AP通信」も同SNSに公開された動画に彭選手がファンに手を振ったりサインをする様子が映っていることを指摘している。

しかし、WTAの関係者は「ロイター」に対し、中国側が発表した写真と動画ではまだ「足りない」と主張。WTA側の懸念はぬぐえておらず、引き続き彭選手と直接連絡を取り安否に確認を行うよう努力していくとした。

報道によると、香港徳世界体育公司の取締役・丁力氏もツイッター上で彭選手の写真を投稿した。丁氏は彭選手とは旧知の仲であるとし、彭選手の携帯電話が常に連絡可能な状態であると主張。WTAが懸念するのなら直接電話すればいいとした。

しかし、WTAのスティーブ・サイモン最高経営責任者(CEO)は「タイム」誌に対し、WTA側は複数のルートを通じて彭選手との連絡をはかっているが、いまだに連絡が取れていないとしている。

これについて、丁力氏は彭選手が「外国メディアの取材を受けたくない」と話しているとし、その理由としてWTAが送った彭選手のマネージャーらに送ったメールによって彭選手の連絡先が外部に漏れ、彭選手に電話が殺到していることを挙げた。

「ロイター」は丁氏の主張しているメールについてWTA関係者に質問したが、現在まで回答はないとしている。

また、中国の政府系メディア「環球時報」の胡錫進(こ・しゃくいん)編集長はツイッターで彭選手とコーチや友人らが会食している動画を投稿し、彼女の安全を主張している。しかし、動画の中で故意に日にちが強調されるなどしており、信ぴょう性に疑いが持たれている。

彭選手の安全を主張する中国側の報道について、米国・英国の中国大使館はコメントを出していない。フランスのル・ドリアン外務大臣は、フランスが彭帥選手の安否に関する情報が不足している問題を注視しており、この問題が国際社会及びスポーツ界の懸念を呼んでいることを強調。中国当局に、2016年から同国で施行されている「国家家庭暴力法」に基づいて、女性に対する性暴力への取り締まりを履行するよう呼びかけている。

関連記事(外部サイト)