文大統領「仁川凶器事件、“男女”が問題ではなく “警察の基本姿勢”が問題」=韓国

文大統領「仁川凶器事件、“男女”が問題ではなく “警察の基本姿勢”が問題」=韓国

韓国の文在寅大統領は、仁川での凶器乱暴事件に対する警察の対応について言及した(画像提供:wowkorea)

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領はきょう(22日)、インチョン(仁川)での凶器乱暴事件に対する警察の対応について「男性警官と女性警官という問題ではなく、現場に出動した警察の基本姿勢に関する事案だ」と語った。

文大統領はこの日の参謀会議で「警察が最優先するべき義務は、市民の生命安全を保護することだが、あり得ないことが起こった」と語ったと、青瓦台(韓国大統領府)の報道官が会見で伝えた。また、文大統領は「これ以上このようなことが起きないよう、教育訓練を強化しシステムを整備するように」と指示した。

仁川凶器乱暴事件は、仁川市のヴィラで容疑者(48歳)が50代の夫婦と20代の娘の3人に対して凶器を振り回し殺害しようとした事件である。この過程で出動した女性警官は、支援要請を理由に現場から立ち去った。キム・チャンリョン(金昌龍)警察庁長官はこの女性警官の対応を謝罪し、女性警官が所属している警察署の署長は職位解除措置を受けた。

青瓦台の関係者はこの日記者たちに、大統領の指示の背景について「社会的問題となっていて、多くの国民が関心を持っているため、お話しされた」と語った。また、仁川凶器乱暴事件により、ジェンダー対立問題が起きていることについて「(問題となっている)ジェンダーに関する事柄は本質から離れたものではないかという考えが、(文大統領の発言に)込められていたとみている」と語った。

関連記事(外部サイト)