「EXO」元メンバーのKRIS、中国放送に続きインターネット放送からも追放

「EXO」元メンバーのKRIS、中国放送に続きインターネット放送からも追放

「EXO」元メンバーのKRIS、中国放送に続きインターネット放送からも追放(画像提供:wowkorea)

アイドルグループ「EXO」元メンバーのKRISなどの芸能人が、中国の個人インターネット放送からも事実上退出させられた。

23日付の人民日報は、中国公演業協会のインターネット分野支会が、性的暴行の疑惑を受けているKRISと、脱税を行ったジェン・シュアン、日本の靖国神社訪問の写真を掲載したチャン・ジャーハンなどの有名芸能人3人を含んだ、計88人をインターネット放送関連警告対象者リストに掲載したと報じた。

このリストに含まれれば、ストリーミングプラットフォームでアカウントを獲得できなくなるため、インターネット放送をすることも事実上不可能になる。

今年9月、中国の放送規制機構は、社会的に問題を起こした芸能人の出演を不可能にし、高額の出演料を禁止する強力な規制を発表した。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?