米国のホルモン焼き屋で「BTS合唱」[BTS LA現場]

米国のホルモン焼き屋で「BTS合唱」[BTS LA現場]

米国のホルモン焼き屋で「BTS合唱」[BTS LA現場](画像提供:wowkorea)

「BTSが好きな店だと聞いて来ました」

29日(以下現地時間)、米ロサンゼルス(LA)のコリアンタウンにあるホルモン焼き屋の前に長い行列ができた。ここ数日、BTSがよく訪れるホルモン焼き屋として話題になった「アガシコプチャン」という店だ。 これに先立ち、BTSファンがホルモン焼き屋でBTSの歌を歌う様子が収められた映像がSNS上で広まり、国内外のネットユーザーの関心を集めた。

BTSは27〜28日、LAソーファイスタジアムで「BTSパーミッション・トゥ・ダンス・オン・ステージLA」の1日目の公演を行った。12月1日と2日にも公演が行われる。同日は1、2日目と3、4日目の公演の間の中休みともいえる日だった。 深夜にもかかわらず、ホルモン屋の中はBTSのファンでいっぱいで、入り口の外で待機するファンも多かった。

このホルモン焼き屋は、BTSのメンバー・ジンが4年前にある海外メディアとのインタビューで言及し、ファンの間で話題になった。入口で会ったブラジルから来たという20代のファン・ジェンさんは「BTSがここをLAで一番好きな韓国料理店だと言ったので訪ねてきた。4時間も待っている」と述べた。

ホルモン焼き屋の関係者にも話を聞いた。マイケル元代表は「BTSメンバーがインタビューで言及した2017年から、ファンの訪問が続いている。コンサートの影響で先週水曜日(24日)からは普段の2倍のファンが来店した」と述べた。

1、2日目の公演が行われた27日と28日には、それぞれ約1000人のファンが訪れたという。 サミュエル・キム理事は「コンサート当日、チケットを手に入れられなかったファンは、公演時間帯にこの店でBTSの歌を楽しんだ」と説明した。

同日もホルモン焼き屋には、BTSの歌だけが流された。マイケル元代表は「コンサートシーズンを迎え、ファンのためにBTSの歌だけを流している」と笑った。ファンは席に座ったままリズムに合わせて体を動かし、歌を歌いながら食事を楽しんだ。ホルモン焼きより牛肉のメニューが人気で、焼酎を一緒に飲むファンもかなり多いという。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?