「BTS(防弾少年団)」メンバーが「コンドーム柄のシャツ」をSNSに投稿…「意味がある」VS「汚らしい」=韓国

「BTS(防弾少年団)」メンバーが「コンドーム柄のシャツ」をSNSに投稿…「意味がある」VS「汚らしい」=韓国

(画像提供:wowkorea)

韓国ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」メンバーのJ-HOPE(ジェイホープ、27)が8日、シャツを着用した写真をSNSに投稿した。

しかし、一部のネットユーザーから批判を受けた。写真のシャツにプリントされた柄がコンドーム柄だったからだ。

J-HOPEの写真を共有したコミュニティーの文章には、「BTSは10代のファンが多いのに、コンドームがプリントされたシャツを着なければならなかったのか」、「衣装が扇情的だ」、「汚らしい」などのコメントが多数見受けられた。

しかし、同シャツは米国のデザイナー、アレックス・ジェームスさんがローンチしたブランド「PLEASURES」と英国の小売業者ENDが製作したもので、正しい避妊を奨励する主旨だ。

これに関してEND側は公式ホームページに「正しい避妊という主題で制作し、多様なグラフィックと柄を製品にプリントした。安全ながら前向きで責任感のある性関係を支持するという意味だ」と説明している。また、「安全で楽しい性関係を奨励しようという主旨で、主題にユーモアを持って近づいた。コンドームの正しい使用法をバナナを使って挑発的に解釈した製品もある」と伝えた。

シャツの意味が伝えられると、世論は即座に逆転。あるネットユーザーは「J-HOPEのおかげで良い主旨のキャンペーンを知った。BTSは知れば知るほど概念を持っているようだ」と述べた。また別のネットユーザーも「意味がある服だ。こういう意識のあるアイドルだとは思わなかった」と称賛した。

関連記事(外部サイト)