大学の推薦入試合格者発表を18日に延期…一般入試の日程はそのまま=韓国

大学の推薦入試合格者発表を18日に延期…一般入試の日程はそのまま=韓国

大学の推薦入試合格者発表を18日に延期…一般入試の日程はそのまま=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国教育部(日本の文部科学省に相当)は今年の大学推薦入試の合格者発表締切日を従来の16日から18日に延期することにした。一般入試の日程は変更なく予定通り進められる。

教育部は10日、2022学年度大学修学能力試験の生命科学IIの20番の問題項目に対する正答決定取り消し訴訟の宣告期日が17日の午後1時30分に決定されることに伴い、宣告結果に応じた成績提供の計画と今後の大学入試日程を案内した。

教育部によると、推薦入試合格者発表締切日を従来の16日から18日に延期し、最初の合格者登録期間も当初の17〜20日から18〜21日に順延することにした。未登録充員期間は今月22日から28日までで、充員登録の締め切りは12月29日までとなっている。

ただし、一般入試選考は変更なく、従来と同じように予定通り実施される。

関連記事(外部サイト)