「美的感覚も格式もない」と批判殺到…ミス・ユニバース日本代表の「国家衣装」、韓国でも報道

「美的感覚も格式もない」と批判殺到…ミス・ユニバース日本代表の「国家衣装」、韓国でも報道

「美的感覚も格式もない」と批判殺到…ミス・ユニバース日本代表の「国家衣装」、韓国でも報道(画像提供:wowkorea)

第70回ミス・ユニバース世界大会の日本代表が着用した衣装が物議を醸している。

ハフポスト日本版によると、10日(現地時間)イスラエルでおこなわれたナショナル・コスチューム部門で、日本代表の渡邉珠理さん(26)が着用した衣装が批判を浴びているとのこと。

渡邉さんの衣装はピンク色の着物風のドレスで、袖には日の丸があしらわれ、胸元には漢字で「日本」と書かれている。さらに、ピンク色のブーツを履き、ピンク色のお団子にヘアアレンジをし、両手で金色の招き猫を持っている。さらに、ドレスを左前で着用している。

この衣装に日本のネットユーザーたちは強い反発心を抱いた。あるネットユーザーは駐日イスラエル大使館のSNSに「美的感覚も格式もない。日本の歴史・文化を完全に笑い者にした」と指摘した。

同衣装は日本とイスラエルの国交樹立70周年を記念し、イスラエル人デザイナーが手掛けたものだという。歓迎と祝福の意味を込めて10〜20代ファッションの中心地・原宿のファッションスタイルと着物を融合させたというのが、イスラエル大使館側の説明だ。

しかし、意図がそうであっても、各国代表が自国の文化を基にした衣装で登場したのに対し、多少外れているとの指摘が続く。去る2日に先に紹介された際にはベルトが「十六一重表菊」(皇室のシンボルである菊の御紋を図案化したもの)をモチーフにしたものだったが、不適切との指摘が寄せられ、実際のコンテストでは変更された。

一方、このような批判は正しくないとの意見もある。この衣装はナショナル・コスチューム(国家衣装)部門向けであり、トラディショナル・コスチューム(伝統衣装)部門向けではなかったからだ。

実際、「伝統衣装」とは程遠い衣装で大会の舞台に登場した国の代表が多かった。そもそも各々の国をイメージするコスプレのような衣装を披露する舞台であったが、そのレベルを遥かに超えて「仮装」に近い衣装も登場していた。

但し、韓国代表や中国代表は伝統衣装に近い衣装で登場した。上位16位(TOP16)入りした渡邉さんの好成績にもかかわらず、この衣装だけで余計に非難されているとの意見だ。大人しく伝統衣装で登場した韓国代表と中国代表はTOP16になっていなかった。

同大会の決勝は12日(現地時間)にイスラエルのエイラートで開かれ、インド代表のハーナ・サンドゥさん(21)が優勝した。

関連記事(外部サイト)