「性の商品化」と物議…大韓航空、客室乗務員の制服映像公開したユーチューバーに「法的措置」検討=韓国

「性の商品化」と物議…大韓航空、客室乗務員の制服映像公開したユーチューバーに「法的措置」検討=韓国

「性の商品化」と物議…大韓航空、客室乗務員の制服映像公開したユーチューバーに「法的措置」検討=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国の航空会社「大韓航空」が最近、オンライン上で物議を醸したLOOK BOOK(ルックブック)チャンネルを運営する女性ユーチューバーに対し、法的措置を検討していことが分かった。

大韓航空側は去る14日、「当事者とチャンネルに映像を削除するよう要請している」としてこのように述べた。映像内の女性が着用した服が同社客室乗務員の制服に酷似しているとの判断を下したと見られる。

これを前に、ユーチューバーのAさんは去る2日、自身のYouTubeチャンネルに「乗務員ルックブック/航空会社ユニフォームコーデ」というタイトルの映像を掲載した。映像は8分16秒間で、Aさんは下着姿で登場し、ストッキングから制服を着る動作を動画に収めた。

Aさんは「客室乗務員が着用するユニフォームと弾性ストッキング、そしてジャケットも羽織ってみた」と紹介。続けて「黒いハイヒールを履いて、スカーフやヘアピンなどのアクセサリーにも気を使った。下着から着替える姿を補正なしでそのまま映し出した映像だ」とし、「全部、私が購入した衣装。補正下着やアプリは使っていない」と説明した。

LOOK BOOKはモデルやフォトグラファー、スタイリストがさまざまなファッションを伝えるための写真、または映像のことを言う。普通は今月のファッション、季節のファッションとして披露することが多い。

しかし、Aさんの場合、下着姿で椅子に脚を上げながらストッキングを履くなどしており、「ファッションではなく、“特定職業”を性商品化したもの」との指摘を受けた。

ネットユーザーらは「その制服を毎日着て出勤しなければならない人たちがいるのに、職業を何だと思っているのか」、「ユニフォームに罪はない。そういうものを性的対象化する人たちが問題だ」、「告訴レベルじゃないか」、「本物の客室乗務員がかわいそう」など批判の声を上げた。

一方では「まったく問題にならない」、「LOOK BOOKもひとつのコンテンツだ」との意見も聞かれた。

関連記事(外部サイト)