日本航空、CHAMPとのパートナーシップを5年延長=韓国報道

日本航空、CHAMPとのパートナーシップを5年延長=韓国報道

日本航空、CHAMPとのパートナーシップを5年延長=韓国報道(画像提供:wowkorea)

日本航空(JAL)と「CHAMP Cargosystems」が大きな成功を収めたパートナーシップを5年間延長することにした。

JALは日常的な貨物事業過程を管理するために、2014年から好評を得ているCHAMP Cargospotソリューションを利用してきた。その後、日本航空はCargospotのエコシステムを中心とする一連の画期的なデジタル変革プロジェクトでCHAMPとの協業を推進した。このプロジェクトの一環として、JALの国内事業全般で100%デジタル化された包括的なプロセスを支援する貨物事業プラットフォームが登場した。また、他のプロジェクトとしては、JALの顧客が様々な空対空、そして地上運送オプションを比較および予約できるようにサポートする独特のAPI基盤ソリューションがある。

JALとCHAMP間のパートナーシップが延長されることにより、CargospotはJAL貨物事業のITの中核として残る見通しである。また、大規模な成長を続けるCHAMPの顧客コミュニティの利益になるように進化を重ねるCargospotを活用できるようにJALを支援する予定である。JALはCHAMPの「ULD Manager」とTraxon遵守サービス(積載及び到着前の税関申告と国境保護当局を支援)を引き続き使用することでCargospotの運営を補完し、さらに向上させる見通しである。

CHAMP Cargosystemsの商業・顧客エンゲージメント(Commercial & Customer Engagement)部門のNicholas Xenocostas副社長は「Cargospotエコシステムは、成長中の当社の顧客コミュニティにとって大きな潜在力を持っている」とし、「当社のソリューションは過去にもそうだったように、今後もJALの貨物事業の中核を担っていくだろう」と述べた。続いて「Cargospotと当社のその他サービスは(JALの)新たな事業ニーズに応じて進化を続け、長期的なデジタル変革の不可欠な部分であり続ける」と説明した。

また、「JALが当社の技術および従業員に対する信頼を再び維持することを決定したことを光栄に思う」と付け加えた。

追加情報はウェブサイト www.champ.aero を参照すること。

◇CHAMPについて

CHAMP Cargosystemsは航空貨物運送網のための最も包括的な統合ITソリューションおよび流通サービスラインを提供している。CHAMPのポートフォリオは中核管理システム、デジタルデータ交換サービスおよび電子貨物ソリューションを含んでおり、これには電子貨物や移動性需要をはじめ、税関やセキュリティ要件、品質最適化を解消するアプリケーションも含まれる。CHAMPの製品とサービスは有名なCargospot、TraxonおよびLogitudeブランドが含まれている。

CHAMPは200を超える航空会社とGSAにサービスを提供し、これら航空会社とGSAを約3,000企業にもおよぶ世界中の運送業者やGHAに連携させている。CHAMPソリューションは自社顧客と自社顧客のクライアントが世界的な貿易需要を満たすために航空運送物流の持続的かつ重要な変化に適応できるようにしている。

CHAMP Cargosystemsはルクセンブルクに本社を置き、ロンドン、チューリッヒ、フランクフルト、マニラ、シンガポール及びアトランタで事務所を運営している。

追加情報はウェブサイト www.champ.aero を参照可能。

関連記事(外部サイト)