韓国ユーチューバー、「客室乗務員制服着替え」映像を公開した女性ユーチューバーの告発を予告

韓国ユーチューバー、「客室乗務員制服着替え」映像を公開した女性ユーチューバーの告発を予告

韓国ユーチューバー、「客室乗務員制服着替え」映像を公開した女性ユーチューバーの告発を予告(画像提供:wowkorea)

韓国ユーチューバーのク・ジェヨク氏が、「客室乗務員LOOKBOOKユーチューバー」を性売買特別法違反で告発すると明らかにした。

今月19日、ク・ジェヨク氏のYouTubeチャンネルには、「客室乗務員LOOKBOOK女を性売買特別法違反で告発します」というタイトルの映像が掲載された。

ク・ジェヨク氏は「“後ろ姿美人Evelyn”いわゆる客室乗務員LOOKBOOK女が現在している行動は性の商品化に間違いない。それも単なる性の商品化ではなく、性売買特別法に違反している恐れがある。また情報通信網利用促進および情報保護等に関する法律第44条7項にも違反していることが確実な犯罪に間違いない」と述べた。

続けて「犯罪者がインフルエンサーとして応援や愛情を送られてはならないと思っている。もちろん、全ての犯罪者がインフルエンサーになってはいけないというのではない。非常に特別な例外的な場合を除いては、犯罪者はインフルエンサーとして応援されてはいけないと思うのが、私の信念であり価値観だ。犯罪者がインフルエンサーとしての影響力を行使したらいけないというのは当然のことだ」と主張した。

特にこのLOOKBOOKユーチューバーが、PATREONというSNSで1か月に10ドル(約1100円)以上を支払っている有料メンバーシップVIP会員たちにだけ提供する映像を公開したりもした。ク・ジェヨク氏は「刺激レベルがすごく強いので、YouTubeで映像を通じてお見せすることはできない。この次の部分を見たら、下着まで脱いでしまっている。何もまとっていない。そして客室乗務員の制服を着て『お客様、そんなことはいけません』と言いながら、自分の太ももの内側などを触ったりするなど、あらゆる性的興味を刺激する振る舞いを行なう。これが性の商品化ではなければ、一体何なんだ」と疑問を呈した。

本来LOOKBOOKとは、モデルやフォトグラファー、スタイリストがさまざまなファッションを伝えるための写真、または映像のことを言い、普通は今月のファッション、季節のファッションとして披露することが多い。

ク・ジェヨク氏は「LOOKBOOK女のVIPアダルト映像は、未成年者も決済さえすればいつでも見ることができる。成人だけが見えるようにさえすればいいのに、(PATREONは)外国のサイトだから成人認証の手続きが非常に緩い。ただ両親のジュン民登録証の写真を一枚載せれば成人認証はおしまいだ。その次にクレジットカードで1か月10ドルさえ決済すればいつでも見ることができる」と説明した。

また「女性家族部(部は日本の省に該当)や警察には私がノーモザイクのフルバージョンで映像を送った。リンクまで加えて告発状を提出した。どうか今回はそのままにせず、(成人用SNSの)OnlyFansやPATREONを通じた違法撮影物の根絶に力を注いでいただきたい」と伝えた。

最後にク・ジェヨク氏は「客室乗務員LOOKBOOK女のインスタグラムを見たら、悪質なコメント作成者は告訴すると弁護士まで選任したと言っているが、弁護士費用がさらにかかりそうだ。通信メディア利用わいせつ罪で悪質なコメントを作成したネットユーザーを告訴すると言っていたではないか。ところが自分自身も今、通信メディア利用わいせつ罪だ。告訴人であると同時に被告人になる非常に斬新な経験をすることになりそうだ。それも全く同じ罪で」と強調した。

関連記事(外部サイト)