韓国政府、日本の「原発処理水海洋放出計画申請」に反発「一方的な手続きに再度深刻な懸念表明」

韓国政府、日本の「原発処理水海洋放出計画申請」に反発「一方的な手続きに再度深刻な懸念表明」

韓国政府、日本の「原発処理水海洋放出計画申請」に反発「一方的な手続きに再度深刻な懸念表明」(画像提供:wowkorea)

東京電力が21日、原子力規制委員会に福島第一原子力発電所特定原子力施設に係る実施計画変更認可申請書を提出したことが伝えられ、中国と韓国は強く反発している。

韓国政府は緊急関係次官会議を開き、「我々が継続的に放出撤回を要求しているにもかかわらず、日本が一方的に汚染水(処理水)を海洋放流推進のための手続きを踏んでいることに再度深刻な懸念を表明し、外交経路でこのような立場を伝達する予定」と明らかにした。

韓国原子力安全委員会も、日本の原子力規制委員会に遺憾の意を表明し、独立的で透明な審査を訴える書簡を送った。

ユ・グクヒ原子力安全委員長はオンライン記者会見で「安全性の検討を通じて海洋放流に関する設備の健全性、汚染水内の放射性同位体分析方法の適切性、異常状況に備えた緊急遮断設備の適合性を見るつもりだ」と説明した。韓国政府は安全性の検討後、関係部処のタスクフォースを中心に必要な措置をしていく予定だという。

中国も、日中外交当局の局長級実務会議で「海洋環境と周辺国の健康に関連する問題」だとして日本に放出計画撤回を訴えた。

関連記事(外部サイト)