臨床対照ワクチン支援が必要…SKバイオやユーバイオなど、政府に要求 = 韓国

臨床対照ワクチン支援が必要…SKバイオやユーバイオなど、政府に要求 = 韓国

臨床対照ワクチン支援が必要…SKバイオやユーバイオなど、政府に要求 = 韓国(画像提供:wowkorea)

22日、ワクチン開発企業各社は、政府に臨床開始の許可やワクチン購入に対する韓国政府の支援を要請した。

この日、SKバイオサイエンス(302440)をはじめ、セリド(299660)、アイジン(185490)、ユーバイオロジックス(206650)、チンウォン生命科学(011000)など、韓国国内ワクチン開発会社の関係者らは、国会議員会館第1懇談会議室でイ・クァンジェ、シン・ヒョニョン「共に民主党」議員の主催で開かれた「オミクロン対応国内ワクチン開発状況懇談会」に出席し、「韓国型超高速開発作戦が必要である」と訴えた。

進行役のシン議員は「現在、ワクチンの3回目の接種率を高めることに力を注いでいる。主にファイザーやモデルナのようなmRNAワクチンが使われるが、来年には4回目の接種を準備している状況で、韓国産のワクチンを活用するには事前準備が必要である」と懇談会を開催した背景を説明した。

企業各社は、まず政府の購買支援の必要性を強調した。カン・チャンニュル「セリド」代表は「零細企業では臨床も重要だが、大量生産して国に供給することが重要である。しかし、大量生産システムを備えることに対する政府の支援が今はない状況である。大量生産には巨額の経費が掛かるが、特別なプログラムがなくて残念である」と述べた。カン代表は臨床第三層試験の過程で対照ワクチンの必要性も主張した。

ユーバイオロジックスも対照ワクチンの購買に対する政府の支援を要請した。ユーバイオロジックスのペク・ヨンウク代表は「ブースター接種と変異株に対する効果を見るためには、従来のワクチンと比較するために対照ワクチンが必要になることもある」と述べた。

また、主に海外で臨床が行われる部分に対する質問も上がった。ワクチン接種率の高い国内では臨床試験のモニターの募集が難しく、海外での臨床を実施する企業が多いのが現状だ。ペク代表は「海外の臨床結果で国内でも許可が下りるのかについて回答を伺いたい」と質問した。

このような各企業の建議事項に保健福祉部新型コロナウイルス治療剤、ワクチン開発政府組織支援委員会事務局のユ・ジュホン総括チーム長は「ワクチンの開発速度を上げて開発が完了すれば、変異株対応用ワクチンも開発されるのではないかと期待している。速度を上げられるよう従来の開発ワクチンに対する集中支援計画もあり、変異株への対応に関してもR&Dなどの支援制度を考慮している」と回答した。

グローバルワクチンハブ化推進委員会委員のチョ・インソン中央大医学部教授は「国産ワクチンが外国産ワクチンに比べ、かなり価格が安いので、企業としてはビジョンが足りない。こうした点を総括的に考えなければならない」と述べた。

チョ教授は、米財務省の企業支援を例に挙げ、具体的な支援を求めた。また、チョ教授は「10兆ウォン(日本円でおよそ1兆円)以上を支援した米国財務部は支援の方向性を毎週詳細に公開している。単純な事前購入ではなく直接支援、基金用意、経費など、一週間単位でアップグレードされるのを注視しているが、そのような側面で韓国はややラフではないか」と指摘した。

一方、この日の懇談会に出席したワクチン開発企業は自社の開発状況を紹介した。SKバイオサイエンスは新型コロナウイルスの変異株はもちろん、SARSウイルスまでも含む「サベコウイルス」汎用ワクチンの開発計画を明らかにした。アイジンのチョ・ヤンジェ代表は、地質ナノ粒子(LP)伝達体の特許を回避した陽イオン性リポソーム伝達体技術を強みとして取り上げ、オーストラリアや南アフリカでの臨床計画についても紹介した。

セルリッドは有効性評価などを経て、来年2月末の臨床試験申請計画を発表し、ユーバイオロジックスは12月中に臨床第二相検体分析完了データを確保する予定だ。チンウォン生命科学は、T細胞免疫を通じたオミクロン株の可能性について紹介した。

関連記事(外部サイト)