「しゃぶしゃぶからコンドーム」…価格に不満抱いた客の「自作自演」だった=中国

「しゃぶしゃぶからコンドーム」…価格に不満抱いた客の「自作自演」だった=中国

「しゃぶしゃぶからコンドーム」…価格に不満抱いた客の「自作自演」だった=中国(画像提供:wowkorea)

中国・シセン(四川)省ラクサン(楽山)市の飲食店を訪問した男性が「火鍋(中国式しゃぶしゃぶ)からコンドームが出てきた」とオンラインに公開し、中国内で物議を醸している。そんな中、公安の捜査の結果、価格に不満を抱いた男性の自作自演だったことが分かった。

27日(現地時間)、中国現地媒体などによると、去る18日、Aさん(33)は友人と共に火鍋店を訪れしゃぶしゃぶを食べていたところ、コンドームが出てきたと主張した。スベスベした食感を感じ、口から異物を吐き出したが、それが使用済みと見られるコンドームだったということだ。

Aさんは「しばらくコンドームを噛んでいたと思うとムカついてくる」として関連写真や動画を投稿。すると、飲食店に向けた非難が殺到した。

しかし、飲食店側は「提供する食事は徹底してチェックし管理しているため、コンドームのような大きな異物が入ることはない」と反論し、Aさんの主張が虚偽であることを証明するため、同じ条件でしゃぶしゃぶにコンドームを入れて煮立てる実験映像まで公開した。そして、「該当客は店で2時間ほど食事をした」とし、「実験した結果、スープに浮いていたコンドームが膨張して大きくなった。この程度の大きさの異質物を私たちが見逃すはずがない」と訴えた。

波紋が広がると、公安当局が捜査に乗り出し、その結果、Aさんの自作自演であることが結論付けられた。

報道によると、Aさんは以前もこの飲食店を訪問し、食事代を交渉して拒否されたことがあるという。これに対し恨みを抱いてこうした犯行に及んだ。Aさんは飲食店のイメージを落とし被害を与えた疑いで、14日間の行政拘留処罰を受けたと伝えられた。

関連記事(外部サイト)