「日本総督のヒゲ」「日系」のハリス前駐韓米大使…「終戦宣言で何が変わるというのか」

「日本総督のヒゲ」「日系」のハリス前駐韓米大使…「終戦宣言で何が変わるというのか」

ハリー・ハリス前駐韓米国大使(画像提供:wowkorea)

海軍出身の米国人の父と日本人の母をもち、日本で育った経歴のあるハリー・ハリス前駐韓米国大使は4日(現地時間)、ムン・ジェイン(文在寅)大統領が強く推進している朝鮮戦争の “終戦宣言”について「終戦宣言により変わるものは何なのかを自問すべきだ」と批判した。

ハリス前大使はこの日、ワシントンタイムズ財団主催のオンラインセミナーで「終戦宣言は平和交渉ではない」とし「停戦宣言は依然として存在する。韓国を守るための義務も依然として存在する」と語った。

ハリス前大使は「北朝鮮のミサイルと核・生物化学兵器・在来式武器も依然として存在する」とし「私は常に『我々は終戦宣言文を持っている』と考えていた。それは停戦宣言と呼ばれ、数十年間きちんと作動してきた」と主張した。

また「北朝鮮の脅威への対応力を弱めることを代価として、北朝鮮との対話に乗り出しては絶対にだめだ」とし「対話と軍事力対備は必ず共に進めなければならず、理想主義は現実主義に根差したものでなければならない」と強調した。

さらに、北朝鮮との対話への展望についても「バラ色のシナリオだとは思わない」とし「暗く、日ごとに一層暗くなっている」と悲観論を語った。

ハリス前大使は、ハノイでの2次米朝首脳会談の決裂について言及し「北朝鮮がハノイで、偉大な機会を逃したと考える」とし「彼らが今後、このような機会を得るのは難しいだろう」と推測した。

“クアッド(Quad・日米豪印の4か国安保協議体)”の拡大ついて、ハリス前大使は「私はクアッドを非常に好んでいる。クアッドを育てるべきだ」とし「クアッドには、どんなゲートキーパー(門番)もいない」と語った。

また、クアッド参加に対する韓国政府の立場については「韓国政府は、同盟国である米国と経済的に緊密な中国の間でバランスをとろうとしている」とし「それが分水嶺(れい)(tipping point)となるだろう」と言及した。

つづけて「クアッドだけでなく中国の人権問題など他の分野において、韓国が動くことが願われていた機会があった。韓国は北京冬季オリンピックをボイコットすることもできたし、国連の北朝鮮人権決議案に参加することもできた」とし「何もしないというのは、弱いということだ」と強調した。

ハリス前大使は「韓国内にクアッド参加を求める人とグループたちがいることは知っているが、青瓦台(韓国大統領府)がこれを望むかどうかはわからない」と語った。

日韓関係については「東京オリンピック当時、文大統領が日本を訪問せず首脳会談も開かれなかったのには失望した」とし「機会を失ったのだ」と文在寅政権を批判した。

ハリス前大使は、昨年1月の自身の退任以降1年近く駐韓米大使の席が空いていることについて「依然として私がいた席につく候補がいない」とし「安保の核心同盟国であり主要な経済的パートナー・世界的強国である韓国に、大使候補がいない。すぐさま候補を任命し速やかに確定すべきだ」と求めた。

関連記事(外部サイト)