有名コーヒー専門店、新型コロナワクチン未接種者に「黄色いシール」…「差別」と物議に=韓国

有名コーヒー専門店、新型コロナワクチン未接種者に「黄色いシール」…「差別」と物議に=韓国

未接種者にシールの韓店物議

有名コーヒー専門店、新型コロナワクチン未接種者に「黄色いシール」…「差別」と物議に=韓国

有名コーヒー専門店、新型コロナワクチン未接種者に「黄色いシール」…「差別」と物議に=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国の有名フランチャイズカフェが新型コロナウイルスワクチン接種が済んでいない客のカップに“黄色い”シールを貼り、物議を醸している。

13日、社会人の匿名掲示板ブラインドに「〇〇…ワクチン未接種者は黄色いステッカー貼付」というタイトルの文章が投稿された。

黄色いシールが貼られたカップの写真と共に掲載された文章には、「カフェに行ったら、アルバイトがワクチン接種の有無を聞き、ワクチン接種済みであれば緑色、未接種だと黄色いステッカーをくれる。何かと思った」とつづられている。

写真には投稿者がコーヒーチェーン店本社に問い合わせして得た回答も添付されていた。

顧客センター側は「顧客の防疫パス確認を視覚的に明確にし、店舗内の管理のためステッカーを配布している。不快に思われるかもしれないが、差別する意図はない点をご理解いただきたい」とした。

これを見たネットユーザーたちは「別の伝染病は大丈夫なのか」、「誰の頭から出たアイデアなのか」、「とても見苦しい」など批判の声を上げている。

関連記事(外部サイト)