「東大に行きたかった」成績の悩みで凶器を振り回した日本の高校生=韓国報道

「東大に行きたかった」成績の悩みで凶器を振り回した日本の高校生=韓国報道

「東大に行きたかった」成績の悩みで凶器を振り回した日本の高校生=韓国報道(画像提供:wowkorea)

成績が上がらないことなどで悩んでいた高校生が大学入試共通テストの試験会場近くで凶器を振り回し、罪のない受験生と市民に怪我をさせる事件が発生した。

15日(きょう)午前8時ごろ、東京都文京区にある東京大学前の道路で大学入学共通試験を受けるために試験会場に向かっていた男女の高校生それぞれ1人と72歳の男性が背中を凶器で刺される事件が発生したと共同通信が報じた。

72歳の男性は重傷を負い、2人の高校生は命が危険なほどではないという。

報道によると、警察は事件直後に愛知県名古屋市に住む少年(高校2年生、17歳)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、現場から凶器を確保した。

彼は自らの犯行を認めており、被害者とは面識のない間柄だと話した。

NHKは少年が「医者を目指して東京大学に入りたかったが、1年前から成績が上がらず悩んでいた」とし、「事件を起こして死のうと思った」と警察の調査で供述したと伝えた。

また、「(凶器)事件前に東大近くの駅に火をつけた」とも語った。

東京消防庁によると、この日午前8時頃、東京大学近くの駅で木片が燃えているという通報があり、火は約1時間後に鎮火された。

またこの日午前8時25分頃、同駅の改札口付近で駅員が爆竹を発見した。

これによる負傷者が発生したという情報はない。

一連の事件は大学入試共通テスト開始前に起こり、大学入試共通テストの会場だった東京大学では治安当局が警戒を強化してテストは予定通り始まった。

しかし、多くの受験生が不安を感じたようだ。

受験生のヤナガワショウスケさんは「自分が被害を受けたかもしれない。そう考えると恐ろしい」と語ったという。

負傷や疾病でテストを受けられなかった受験生は今月29、30日に予定される追加テストの対象者となり、けがをした受験生も追加テストの対象者になるものと予想される。

関連記事(外部サイト)