韓国国民健康保険公団理事長、「脱毛治療の健保適用…社会的理解を考慮すべき」

韓国国民健康保険公団理事長、「脱毛治療の健保適用…社会的理解を考慮すべき」

韓国国民健康保険公団理事長、「脱毛治療の健保適用…社会的理解を考慮すべき」(画像提供:wowkorea)

韓国のカン・ドテ国民健康保険公団理事長は18日午前10時30分から国民健康保険公団ソウルカンウォン(江原)地域本部で開かれた出入り記者新年懇談会で就任後、重点推進課題として取り上げた「保険料賦課体系2段階改編」について、「健康保険料賦課体系2段階改編は財産よりは所得中心に向かうのが大きな方向で、どの部分に抵抗があるかも考慮しなければならない」と述べた。

カン・ドテ理事長は「ことし下半期賦課体系2段階改編が予定されているが、1次改編後、多くの負担軽減があったと評価される」としながらも、「2段階では公平性や受容性、持続可能性の次元などをよく反映して、具体的に作っていくのが最大の課題」と述べた。

最近、イ・ジェミョン(李在明)「共に民主党」大統領選候補が脱毛治療薬などに健康保険適用を拡大するという公約については、手続きに応じて検討すべき事案とし、具体的な意見を示さなかった。

カン理事長は「大統領選挙公約の中には健康保険の適用に対するものが多いが、その適用は様々な基準と社会的研究、総合的な国会論議など様々な手続きがある」とし、「健康保険に対する需要と重要性が認識・要求されており、こうした部分に対しては社会的理解などを考慮しなければならない」と答えた。

関連記事(外部サイト)