“娘の不正入学事件”韓国元法相の妻、懲役4年確定「東洋大PCの証拠能力認定」

“娘の不正入学事件”韓国元法相の妻、懲役4年確定「東洋大PCの証拠能力認定」

娘の不正入学事件 韓国元法相の妻、懲役4年確定「東洋大PCの証拠能力認定」(画像提供:wowkorea)

娘の入試不正などの疑いで一審と二審で懲役4年の判決を受けた韓国チョ・グク元法務部(法務省に相当)長官の妻で元東洋大教授のチョン・ギョンシム被告に対し、懲役4年が確定した。核心争点だった東洋大学講師休憩室PCに対する証拠能力は、大法院(最高裁判所)でそのまま認められた。

大法院2部は27日、資本市場と金融投資業法、補助金管理法、業務上横領、詐欺などの容疑で起訴されたチョン被告に対して、懲役4年を言い渡した原審を確定した。

チョン被告は娘の大学や医学専門大学院への進学を控えて、いわゆる「スペック」を作るために数回にわたるインターンの経歴を偽造するなどし、これを入試に使用した疑いをもたれている。

起訴された虚偽スペックはソウル大公益人権法センターインターン、釜山アクアパレスホテルインターン、KIST(韓国科学技術研究院)インターン、東洋大英語英才センター補助研究員など計7件だ。

これらのスペックは娘チョ・ミンさんのソウル大・釜山大医専院入試に実際に使われ、検察はこの部分について業務妨害と偽造私文書(公文書)行使容疑なども適用した。

不正入試のほかにも、娘を東洋大学の研究補助員として虚偽登録し、慶尚北道教育庁から研究補助員手当320万ウォン(約32万円)を受け取った容疑ももたれている。自分に対する捜査が進むと、証拠を隠滅するよう指示した疑いもある。

さらに二次電池メーカーWFMの未公開情報を利用して不当な利益を得ており、チョ元長官の前長官の民政首席秘書官任命後、白紙信託の義務などを避けるために弟や知人の名義で金融投資をした疑い(金融実名取引法違反)ももたれている。

一審は娘の「7大スペック」すべてを虚偽を判断するなど主な容疑の大半を有罪とみとめ、チョン被告に懲役4年、罰金5億ウォン(約5000万円)、追徴1億3900万ウォン(約1390万円)を言い渡した。

二審は主な容疑を一審と同様に有罪と認めながらも、WFMの未公開情報を利用した不当利得取得容疑の一部を無罪と判断し、懲役4年を維持したまま、罰金と追徴金をそれぞれ5000万ウォン(約500万円)と1000万ウォン(約100万円)に減らした。

関連記事(外部サイト)