北京五輪でも「コンドーム配布」…新型コロナ拡散防止のため「ハグや握手」は制限=韓国報道

北京五輪でも「コンドーム配布」…新型コロナ拡散防止のため「ハグや握手」は制限=韓国報道

五輪で避妊具配布 握手制限

北京五輪でも「コンドーム配布」…新型コロナ拡散防止のため「ハグや握手」は制限=韓国報道

北京五輪でも「コンドーム配布」…新型コロナ拡散防止のため「ハグや握手」は制限=韓国報道(画像提供:wowkorea)

北京冬季オリンピック・パラリンピック組織委員会が選手団らに避妊具(コンドーム)を無料提供した。しかし、身体接触に関しては最小限にするよう要請した。

去る26日、ロイター通信などによると、北京五輪組織委員会は“クローズドループ”内で選手たちにコンドームを提供することを決定した。五輪選手団や関係者は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、外部と遮断された「クローズドループ」と呼ばれるバブル内で過ごすことになっている。現地取材班によると、部屋ごとに5個のコンドームが配布されていたという。

ただし、五輪ガイドラインブックでは選手同士のハグやハイタッチ、握手など接触を伴う交流を最小限にするよう指示。また他選手との社会的距離も最低2メートル保つよう勧告した。

昨年の東京五輪では約15万個のコンドームが配布される予定だったが、新型コロナ対策のため、選手村では使用せずに持ち帰ることが推奨された。

関連記事(外部サイト)