北、韓国の防衛産業企業やIAEAを「サイバー攻撃」試行=国連安保理報告

北、韓国の防衛産業企業やIAEAを「サイバー攻撃」試行=国連安保理報告

北、韓国の防衛産業企業やIAEAを「サイバー攻撃」試行=国連安保理報告(画像提供:wowkorea)

北朝鮮が、韓国の防衛産業企業や国際原子力機関(IAEA)などに対し、サイバー攻撃を試みていたことがわかった。

韓国メディア「Newsis」は9日、日経新聞の報道を引用し、国連安保理の報告書によれば北朝鮮のハッカー集団「キムスキー」が偽のウェブサイトに誘導して個人情報を入力させる「フィッシング」により、防衛装備大手の韓国航空宇宙産業(KAI)に技術データを盗み出す目的でVPN機器にサイバー攻撃を行った可能性があると伝えた。

同メディアは、IAEAについてもKAIと同じ方法でハッキングを試みたと報道。また、キムスキーと推定されるIPアドレスが韓国の原子力研究院のネットワークに侵入した事例もあると伝えた。

国連安保理の報告書によると、北朝鮮のサイバー攻撃は資金獲得を目的とした仮想通貨交換業者に対する攻撃、情報収集を目的とした政府機関や企業に対する攻撃、北朝鮮に対する制裁・監視を強化している国家期間に対する牽制などを目的としている。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?