韓国野党の李俊錫代表「盗っ人たけだけしいにもほどがある」…与党「李代表はサイバーレッカーの帝王」「話をそらすのはうんざり」

韓国野党の李俊錫代表「盗っ人たけだけしいにもほどがある」…与党「李代表はサイバーレッカーの帝王」「話をそらすのはうんざり」

李俊錫、国民の力代表(画像提供:wowkorea)

ユン・ソンニョル(尹錫悦)国民の力(野党第一党)大統領選候補とムン・ジェイン(文在寅)大統領が‘積弊捜査’発言をめぐり正面衝突した中、共に民主党(与党)の青年政治家たちが11日、与党の謝罪要求を一蹴したイ・ジュンソク(李俊錫)国民の力代表に対し、猛攻撃をした。

イ・ドンハク共に民主党青年最高委員はこの日、フェイスブックで李代表について「サイバーレッカーの帝王」と強く非難した。

イ最高委員は「尹候補の言葉と(尹候補の配偶者である)キム・ゴンヒ(金建希)夫人の録音から明らかになったとおり、捜査機関で『自らする』という恐ろしい言葉が国民にどう認識されるだろうか。李代表がこれまで言ってきた共存は、国民の力だけの共存だったのか」と問い詰めた。

続いて「尹候補は未来ではなく、過去を振り返ることに力を注いでいる。口では『民生』と言いながらも、本心は『拘束』を考えている国民の力こそ旧態だ。尹候補が失言したことに対し、謝罪する機会を放棄するなら、これ以上言うことはない。国家の危機状況で、ない積弊を作り、公安ムードで5年を過ごす状況を考えるとぞっとする」と指摘した。

共に民主党選挙対策委員会のチョン・ヨンギ(田溶冀)報道官もフェイスブックに「李代表が話をそらすのはもううんざりだ」と直撃した。

田報道官は「(李代表が)尹候補の『政治報復』発言をあえて縮小し、擁護しようとした言葉を付け加えてみても、窮屈さだけが目立つ。積弊清算は国政ろう断で弾劾された政権の犯罪を断罪し、民主主義を回復させるために使った言葉だ」と説明した。

現政権について「積弊清算」うんぬんすること自体が誤った認識という指摘だ。

田報道官は「明確な根拠もなく、今、自身を政治的反対者だとして平気で積弊という烙印を押すなら、尹候補の独善を表しているだけだ。客観的に一線を越えたのは明らかなので、むしろ率直さでも見せ、潔く謝罪してほしい」と求めた。

これに先立ち、李代表はフェイスブックに「ウ・サンホ(禹相虎)、『尹候補は文大統領に謝罪しなければ、中道層はみな去る』というタイトルの本紙記事を載せ、盗っ人たけだけしいにもほどがある」と反論した。

李代表は「大統領府が大統領選挙の過程での通常の話について極度に憤慨するのを見ながら、政権審判世論はさらに強まるだろう。だいたい本人たちが急発進しておいて、収拾がつかないから野党陣営の大統領選候補に『謝罪せよ』と嚙みつく理由は何か」と反問した。

関連記事(外部サイト)