米国務副長官「北との条件なしの対話は準備されている」

米国務副長官「北との条件なしの対話は準備されている」

米国務省のウェンディ・シャーマン副長官(画像提供:wowkorea)

米国務省のウェンディ・シャーマン副長官は、北朝鮮による先月の度重なる弾道ミサイル試験発射に関して、北朝鮮との対話を改めて求めた。

米国務省は16日(現地時間)「シャーマン副長官は外務省の森健良事務次官と電話協議を行ない、北朝鮮の弾道ミサイル試験発射をはじめとした朝鮮半島の懸案について話し合った」と伝えた。

米国務省は「シャーマン副長官は『前提条件なしに北朝鮮と会うことにおいて、米国は準備ができている』という点を強調し、北朝鮮が真摯(しんし)に持続的な外交に関与することを求めた」と伝えた。

つづけてシャーマン副長官は「北朝鮮問題とインド・太平洋地域内の、共通の優先順位を解決するため、日米韓3者協力が重要だ」と強調した。

日米の両者は、北朝鮮による最近の弾道ミサイル試験発射が及ぼす不安定性について話し合い、朝鮮半島の完全なる非核化に向けた進展を成すことにおいて、日米間の持続的な協力が重要だという認識を共有した。

関連記事(外部サイト)