政府の反対無視し「ウクライナに到着」…イ・グン元大尉、義勇軍結成「処罰も受ける覚悟」=韓国

政府の反対無視し「ウクライナに到着」…イ・グン元大尉、義勇軍結成「処罰も受ける覚悟」=韓国

政府の反対無視し「ウクライナに到着」…イ・グン元大尉、義勇軍結成「処罰も受ける覚悟」=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国海軍特殊戦団(UDT/SEAL)出身のイ・グン元大尉が去る6日、ロシアの侵攻を受けているウクライナを支援するため義勇軍を結成し出国したことを明らかにした。今後、波紋が広がるものと予想される。

イ元大尉は6日午後、InstagramとYouTubeで「ウクライナのゼレンスキー大統領が全世界に向け援助を要請した際、ただちに義勇軍を結成した。そして、2月28日、YouTubeコミュニティを通じて『WE WILL SUPPORT UKRAINE(われわれはウクライナを支援する)』という言葉を公示した」とし、「48時間以内に計画を立て、装備を準備し、当初は公式な手続きを踏んで出国しようとしたが、韓国政府の強い反対を受けて摩擦が生じた」と明らかにした。

続けて、「旅行禁止国に入国すると犯罪者として扱われ、懲役1年または1000万ウォン(約94万円)の罰金刑を科すとの“脅迫”を受けた」と説明。また、「しかし、この状況で私たちが保有する技術、知識、専門性を通じてウクライナを助けずに座視することはできない」とし、「正式でない手続きを踏み私たちのチームが出国するために、関係者数人を除いて計画を誰にも話さなかった」と述べた。

そして、「チームのメンバーは私が直接選抜し、私が生きて帰国したら、その時は私がすべての責任を負って処罰を受ける」と伝え、「初の大韓民国義勇軍として、国を代表して韓国の地位を高めたい。任務を終えて韓国でお会いしよう」と付け加えた。

イ元大尉が文章と共に掲載した写真には、彼を含め3人の男性の後ろ姿が写っている。合わせて、荷物や搭乗したと見られる飛行機などの写真も公開した。

これを前に韓国政府は、ロシアのウクライナ侵攻危機が高まった先月13日、ウクライナ全域に“旅行禁止”を意味する旅行警報4段階を発令した。これにより、韓国国民は現在、外交部(外務省に相当)から“例外的なパスポート使用”許可を受けなければ、ウクライナを訪問することはできない。

しかし、先月26日、ウクライナ大統領が世界に義勇兵の参加を訴えて以降、韓国をはじめ世界各国でこの“外国人部隊”に志願する希望者が相次いでいる。

これに関連し、在韓ウクライナ大使館側は去る3日、「希望者は大使館に連絡すれば、ひとまず入隊可能の有無を確認し、その後、特定資格を充足すれば入隊に関する手続きを案内している」と明らかにした。入隊資格は18歳以上の軍服務経験がある成人だ。大使館は今後、連絡網を一元化するなど支援方式を体系化する方針だ。

一方、ロシア国防省はウクライナに入国した外国国籍の義勇兵がロシア軍に逮捕された場合、捕虜ではなく刑事処罰するとの立場を明かしている。

なお、イ元大尉は2020年、YouTubeコンテンツ「偽物の男(邦題:カッチャサナイ 〜愛すべきクズたちの挑戦〜)」(MBCの人気軍隊バラエティ『本物の男』のパロディ)で活躍し人気を博した。

関連記事(外部サイト)