「海軍特殊戦団」出身のイ・グン元大尉、ウクライナへ出国…「生還したら処罰を受ける」=韓国

「海軍特殊戦団」出身のイ・グン元大尉、ウクライナへ出国…「生還したら処罰を受ける」=韓国

イ・グン元大尉、ウクライナへ出国…「生還したら処罰を受ける」=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国海軍特殊戦団(UDT/SEAL)出身のイ・グン元大尉が今月6日、自身のInstagramを通してロシアの侵攻を受けているウクライナを支援するために出国したことを明らかにした。

この日、イ元大尉は「ウクライナのゼレンスキー大統領が全世界に向け援助を要請した際、韓国特殊戦団はただちに義勇軍を結成した」とし、「2月28日、YouTubeコミュニティを通じて『WE WILL SUPPORT UKRAINE(われわれはウクライナを支援する)』という言葉を告知した」と語った。

続いて「48時間以内に計画を立て、装備を準備し、当初は公式な手続きを踏んで出国しようとしたが、韓国政府の強い反対を受けて摩擦が生じた」とし、「旅行禁止国に入国すると犯罪者として扱われ、懲役1年または1000万ウォン(約94万円)の罰金刑を科すとの“脅迫”を受けた」と当時の状況を伝えた。

続いてイ元大尉は「しかし、この状況で私たちが保有する技術、知識、専門性を通じてウクライナを助けずに座視することはできない」と語り、「正式でない手続きで私たちのチームが出国するために、 関係者数人を除いて計画を誰にも話さなかった」と語った。

また「私のチームのメンバーは私が直接選抜し、私が生きて帰国したら、その時は私がすべての責任を負って処罰を受ける」とし、「初の大韓民国義勇軍として、国を代表して韓国の地位を高めたい。任務を終えて韓国でお会いしたい」と付け加えた。

これに先立ちイ元大尉は今月2日、自身のYouTubeチャンネルのコミュニティに戦闘への参加についての悪質なコメントが寄せられたことに対して、長文の返答を掲載している。

イ大尉は「多くのネットユーザーたちが自分の代わりに戦うことを望んでいる」と話し、「韓国特殊戦団はこれまで多くの任務を遂行しており、現在最大の任務はウクライナ人のためのものだ」と語り、「セキュリティ上、任務のすべてを公開することはできない。特にウクライナに関しての事項について語るのは時期尚早だ。皆さんは後日何らかのタイミングで知ることになると思う」と説明した。

さらにイ元大尉は「ネットでしか文句が言えない人は部屋の隅で騒ぎ続けていればよい。あなたたちにはできない戦いが、世界のどこかで行われている」と強調した。

関連記事(外部サイト)