ロシア軍人が「泥酔状態で乱射」…ウクライナの「10歳少女」が犠牲に=韓国報道

ロシア軍人が「泥酔状態で乱射」…ウクライナの「10歳少女」が犠牲に=韓国報道

泥酔の露軍人発砲で10歳死亡

ロシア軍人が「泥酔状態で乱射」…ウクライナの「10歳少女」が犠牲に=韓国報道

ロシア軍人が「泥酔状態で乱射」…ウクライナの「10歳少女」が犠牲に=韓国報道(画像提供:wowkorea)

ロシアウクライナ侵攻が続く中、ウクライナの10歳の少女が泥酔したロシア軍兵士の銃に撃たれ死亡していたことが分かった。

8日(現地時間)、英デイリー・メールの報道によると、ウクライナの首都キエフから北に64km離れたShybeneで先月28日、酒に酔ったロシア軍が乱射した銃で10歳の少女アナスタシアさんが犠牲となった。

アナスタシアさんの親族は「街に住む10代の少年が空中に向かって銃を撃つと、ロシアの軍人らが住宅街に対応射撃し、このときアナスタシアが銃弾にあたり現場で死亡した」と伝えた。続けて、「銃声を聞いたロシアの軍人らは泥酔していて、銃声が鳴った場所をきちんと確認せず、4軒の家を含む方向に乱射した」と明らかにした。アナスタシアさんの家族も「ロシア軍が店を略奪して酒をたくさん飲んでいた」と打ち明けた。

関連記事(外部サイト)