安倍元首相の“核共有”主張に北朝鮮が“軽挙妄動”非難=韓国報道

安倍元首相の“核共有”主張に北朝鮮が“軽挙妄動”非難=韓国報道

安倍元首相の“核共有”主張に北朝鮮が“軽挙妄動”非難=韓国報道(画像提供:wowkorea)

北朝鮮が安倍晋三元首相の“核の共有”主張を猛烈に批判している。

安倍元首相はロシアのウクライナ侵攻をきっかけに、米国の核兵器を日本に配置することを検討すべきだという“核の共有”を主張している。

これに対して、北朝鮮外務省は14日(きょう)、北朝鮮日本研究院のリ・ビョンドク研究員名義の文章で「日本は核武装化の道が自滅の道だということをはっきりと知り、軽挙妄動してはならない」とし、「機会が整えば何が何でも核武装し、再び侵略戦争に持ち込もうとする極めて危険な企図の発露」と批判した。

また、「巧妙な手法で今後、独自の核兵器保有のための足場を築くことに目的を置いたもので、世界の平和と安全に対する容認できない挑戦」だとし、「国際社会は過去に侵略と戦争で人類に恐ろしい惨禍を負わせた日本が敗亡の恨みを晴らすために核兵器を手に入れる場合、どのような厳重な結果を招くことになるのか、しっかり目覚めた状態で見守っている」と主張した。

北大西洋条約機構(NATO)加盟国の一部が採択している核共有は、米国が核兵器を保有しないNATO加盟国と戦術核を共同で運営する体制を意味する。

ただ、核共有もまた自国領土内に核を配置しなければならないため、「核兵器を持たず、つくらず、持ち込ませず」という日本の非核三原則に反することになる。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?