尹錫悦次期韓国大統領、中国の習近平国家主席に「北朝鮮の完全な非核化を実現するため緊密に協力しよう」

尹錫悦次期韓国大統領、中国の習近平国家主席に「北朝鮮の完全な非核化を実現するため緊密に協力しよう」

尹錫悦次期韓国大統領(画像提供:wowkorea)

ユン・ソンニョル(尹錫悦)次期韓国大統領は25日、習近平中国国家主席と電話会談し、北朝鮮の新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に関し「北朝鮮の完全な非核化実現と朝鮮半島情勢の安定的管理のため、両国は緊密に協力していこう」と述べた。

キム・ウネ(金恩慧)次期大統領報道官の書面ブリーフィングによると、尹次期大統領はこの日午後5時30分から25分間行われた習主席との電話会談で「北朝鮮の深刻な挑発により朝鮮半島および域内の緊張が急激に高まり、国民たちの不安が大きい」と強調した。

金報道官によると、習主席は11日に邢海明(シン・ハイミン)駐韓中国大使を通じて祝電を伝えたのに続き、本日再び尹次期大統領に当選祝いのメッセージを伝えた。これに対して尹次期大統領は、習主席に感謝の意を表し「今年、(中国の)両会の成功的な開催を祝う」と述べた。

尹次期大統領と習主席は国交樹立30周年を迎え、新たな中韓関係の発展を成し遂げることで意見が一致した。また、尹次期大統領は今後、相互尊重と協力の精神で中韓関係を進展させていくため、習主席と共に努力することを願うと明らかにした。

これに対し習主席は、両国は‘離れることができない近い隣国’として両国関係の安定的かつ長期的な発展を促進することで、両国ならびに両国国民に恩恵をもたらすことができるよう、共に努力していこうと述べた。

特に、尹次期大統領と習主席は、高官級の戦略的疎通を活性化し、中韓関係の懸案をしっかりと管理していくと共に、供給網、保健、気候変動、環境(微細粉じんなど)、文化といった様々な分野において実質的な協力をさらに拡大していくことにした。

双方は、両国民間の心の距離を縮めていくことが両国関係発展の重要な基盤であるということに共感し、これに向けて共に努力していくことに同意した。

尹次期大統領と習主席は、過去30年間で高まった両国の国際社会における地位にふさわしく、地域・グローバル問題に関しても積極的に協力することにした。

金報道官は「尹次期大統領と習主席は就任後、早期に(対面での)会談が実現するよう、緊密に疎通していくことにした」と伝えた。

関連記事(外部サイト)