英国、2050年までに「原発」最大7基建設=韓国報道

英国、2050年までに「原発」最大7基建設=韓国報道

英国政府は2050年までに、最大7基の原子力発電所を建設する計画を推進する(画像提供:wowkorea)

英国政府はエネルギー自立のため、2050年までに最大で7基の原子力発電所を建設する計画を推進すると、英日刊紙“デイリー・テレグラフ”が2日(現地時間)報道した。

イギリスのクワシ・クワルテング産業エネルギー相は、デイリー・テレグラフとのインタビューで「大臣たちが開発機関“大英原子力(Great British Nuclear)”を設立し速やかに計画を立て、各原発を運営する民間企業たちを集め協議する」とし「2050年までに、英国が新たに6〜7基を保有することになる」と語った。

デイリー・テレグラフは「このような計画は、ロシアのウクライナ侵攻後 ”エネルギー自給自足”への必要性が高まったためだ」と解説した。

また、クワルテング産業エネルギー相は、英政府の原子力開発の意志についての問いに「政府全体では原子力に関して『我々はより多くのことをすることができる』という認識がある」とし「ボリス・ジョンソン首相は『2050年までに、エネルギーミックスの4分の1を原子力が占めるだろう』と語っていて、私は15〜25%になるとみている」と答えた。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?