「韓国渓谷殺人」保険金目当てで夫殺害の妻、夫の「やめて」にも「嘲笑」…事件当日の映像公開

「韓国渓谷殺人」保険金目当てで夫殺害の妻、夫の「やめて」にも「嘲笑」…事件当日の映像公開

「韓国渓谷殺人」保険金目当てで夫殺害の妻、夫の「やめて」にも「嘲笑」…事件当日の映像公開(画像提供:wowkorea)

2019年に起こった「ガピョン(加平)渓谷殺人事件」の容疑者イ・ウンヘ(31、女)とチョ・ヒョンス(30、男)が指名手配されているなか、事件当日、渓谷でイ・ウンヘ容疑者の夫ユン某氏(死亡時39歳)の「最後の姿」が収められた映像が公開された。

7日、チャンネルAはイ容疑者の夫ユンさんが死亡した2019年6月30日、ヨンソ渓谷で撮影された映像を公開した。この日、渓谷にはイ容疑者とチョ容疑者、そのほか共犯者など7人が水遊びに来ていた。

ユンさんが死亡する2時間前の午後6時ごろ、チョ容疑者とイ容疑者は得意な水泳をしながら水遊びをしていたが、ユンさんは「水が怖い」と遠ざかるようにしていた。水を怖がるユンさんを見たイ容疑者は「どうやって浮かぶのか気にならない?どうやって浮かぶのよ」などと言い、「重くて浮かばないかもね。一緒に行ってやってみようよ」とユンさんが怖がるようすを見て笑っていた。ユンさんは逃げようとするが、チョ容疑者とイ容疑者はユンさんのチューブ(浮き輪)をつかんで水に落とそうとするなど、このようなやり取りが続いた。

ユンさんは「やめにしようよ。分かった。僕がごめん、謝るよ。ああ、やめて!幼稚だし、おもしろくないよ。僕はおもしろくない」などと妻イ容疑者にやめるよう懇願するが、イ容疑者らが「何言ってるのよ。やめないよ」などと言って笑っていた。

このやり取りの2時間後(午後8時過ぎ)、ユンさんはこの場所で死亡。当時、イ容疑者とチョ容疑者らが4メートルの高さから泳げないユンさんに対して飛び込みを命じ、それによってユンさんが死亡したと報じられた。

一方、イ容疑者とチョ容疑者は2019年6月、加平の渓谷で泳げないユンさんに浮き輪などを外してダイビングを強要し、溺れたユンさんを助けずに死に至らしめた疑いが持たれている。

関連記事(外部サイト)