新型コロナウイルスの飲む治療薬「パクスロビド」、明日15万人分を追加で確保=韓国

新型コロナウイルスの飲む治療薬「パクスロビド」、明日15万人分を追加で確保=韓国

新型コロナウイルスの飲む治療薬「パクスロビド」、明日15万人分を追加で確保=韓国(画像提供:wowkorea)

中央防疫対策本部は10日、ファイザー社の飲む治療薬「パクスロビド」15万人分が11日に追加されると明らかにした。

「パクスロビド」は現在47万4,000万人分が国内にあり、今回導入分を含めれば合計62万4,000人分となる。現在は18万8,000人分が使用され、在庫は9日基準で28万6,000人分となっている。

一方、MSD社の飲む治療薬「ラゲブリオ」は合計10万人分が確保され、8,000人分が投薬済みで在庫は9日基準で9万2,000人分だ。

中央防疫対策本部は「飲む治療薬を十分に確保することで、必要な患者に適時に活用できるよう努力する」と明らかにした。

関連記事(外部サイト)