市場の商人たちとの懇談会を行った安哲秀政権引継ぎ委員会委員長「市長の声を反映し、完全な損失補償を用意する」=韓国

市場の商人たちとの懇談会を行った安哲秀政権引継ぎ委員会委員長「市長の声を反映し、完全な損失補償を用意する」=韓国

安哲秀、政権引継ぎ委員会委員長(画像提供:wowkorea)

アン・チョルス(安哲秀)政権引継ぎ委員会委員長が10日、小商工人・自営業者との現場懇談会を開き、コロナ損失補償に関する意見を聞いた。

安委員長はこの日の午後、ソウル市チョンノ(鍾路)区トンイン(通仁)市場を訪問し、小商工人連合会側との懇談会を開き「現場の要求に合致する支援という原則のもと、『完全な損失補償』案を用意する」と強調した。

安委員長は引継ぎ委員会内の経済1分科とコロナ非常対応特別委員会の2チームが小商工人・自営業者の損失補償を担当していると紹介し「これまでは政府のデータを直接受け取ることができなかったが、引継ぎ委員会が発足して正確なデータを受け取ることができるようになり、正確な損失額を推定し、財源調達を検討している」と明らかにした。

安委員長は「現場の声をもとに引継ぎ委員会で深く議論し、最終決定権者であるユン・ソンニョル(尹錫悦)次期大統領にきちんと話をする」と付け加えた。

安委員長は市場の商人たちとあいさつしながら「コロナ感染者は少しずつ減っている」「最善を尽くしに来た」「もう少し我慢すれば回復する」などの慰労のメッセージを伝え、ナムルやキムチなどを購入した。

小商工人・自営業者たちは2次補正予算による完全な損失補償を重ねて求めた。

オ・セヒ小商工人連合会長は「これまで3年近くコロナパンデミック(大流行)でとても厳しい時期を過ごしており、今後回復するまで3年程度の時間がかかるだろう。新政府が小商工人の切実な意見を聞き、政策にたくさん反映してほしい」と明らかにした。

オ会長は小商工人・自営業者業界の意見を盛り込んだ政策建議書も伝えた。

この日の懇談会には安委員長をはじめ、引継ぎ委員会コロナ非常対応特別委員会民生経済分科委員、経済1分科のチェ・サンモク(崔相穆)幹事、キム・ソヨン委員、シン・ソンファン委員、シン・ヨンヒョン(申容賢)引継ぎ委員会報道官らが出席した。

安委員長は前日もコロナ被害者営業者総連帯側と懇談会を開き、損失補償に関する意見を聞いた。

引継ぎ委員会は6日、政府から小商工人の損失規模の推計について1回目の報告を受け、現在は追加検討しており、週末にまとめた業界の意見を反映する計画だ。

関連記事(外部サイト)