韓国警察、イ・グン元大尉は帰国後に調査…ウクライナ無断入国の3人を検察に送致

韓国警察、イ・グン元大尉は帰国後に調査…ウクライナ無断入国の3人を検察に送致

韓警察 元大尉は帰国後調査

韓国警察、イ・グン元大尉は帰国後に調査…ウクライナ無断入国の3人を検察に送致

韓国警察、イ・グン元大尉は帰国後に調査…ウクライナ無断入国の3人を検察に送致(画像提供:wowkorea)

国際義勇軍に参加するとして海軍特殊戦団(UDT/SEAL)のイ・グン(38)元大尉とともにウクライナに無断で入国した6人のうち3人が検察に送致された。

11日、ソウル警察庁の関係者は出入り記者団の定例懇談会で「外交部(外務省に相当)が4度にわたって計6人を告発した」とし、「6人のうち4人は帰国し、このうち3人は取り調べを受けた後、去る1日に旅券法違反の疑いで検察に送致した」と明らかにした。

続けて「(帰国した)残りの1人は取り調べを行う予定で、イ・グン氏ら残りの被告発人2人は帰国し次第、取り調べる予定だ」と付け加えた。

今回送致された3人中2人は、ユーチューバーであるイ・グン元大尉とともにウクライナに渡った人物であることがわかった。

渡航禁止である渡航警報4段階が発令されたウクライナに政府の許可なく訪問または滞留する場合、1年以下の懲役または1000万ウォン(約100万円)の罰金刑に処せられる。

一方、イ・グン元大尉は先月30日、Instagramに軍服を着て防弾帽、銃器などで武装した写真を掲載し、「米国、英国などの外国人要員らを集めた特殊作戦チームを構成しました。僕のチームは、さまざまな機密任務を受けて遂行した。セキュリティ関係上、詳しい情報は明らかにできない点、ご了承ください」という書き込みを残した。

関連記事(外部サイト)