「キムチパン=泡菜」韓国教授、有名パン屋の表記に「中国に口実を提供しないで」

「キムチパン=泡菜」韓国教授、有名パン屋の表記に「中国に口実を提供しないで」

「キムチパン=泡菜」韓国教授、有名パン屋の表記に「中国に口実を提供しないで」(画像提供:wowkorea)

韓国のある有名ベーカリーブランドが新製品を発売し、キムチを「泡菜(パオツァイ)」と表記したことと関連し、ソ・ギョンドク(徐坰徳)ソンシン(誠信)女子大学教授が「もう少し気を使ってほしい」と指摘した。

徐教授は11日、自身のFacebookに「昨年、あるコンビニでおにぎりにキムチを泡菜と表記して販売し、大きな議論を呼んだ」とし、「今回は有名製菓店で新製品にキムチを泡菜と表記し、再び眉をひそめさせた」と話を切り出した。

これとともに1枚の写真を添付。写真を見ると、新製品の製品名でキムチを「泡菜」と中国語で表記している。

徐教授は「ある特定の会社を誹謗(ひぼう)する考えはまったくない。ただ、まだ私たちの生活のあちこちに残っている誤った表記が残念だ」と記載。

続けて「皆さんもよくご存知のように、中国では引き続きキムチ論争を展開している」とし、「中国共産党機関紙『環球時報』とグローバルタイムズのキムチ挑発記事、中国最大ポータルサイトの百度百科事典でのキムチ歪曲(わいきょく)などが依然として行われている」と強調した。

また「このような状況の中で、私たちは憤怒ばかりするのではなく、積極的な対応で中国の歪曲を正すべきだ」とし、「特に中国側に口実を提供しないためには、国内で間違って使われている表記も正さなければならない」と声を高めた。

徐教授は「くれぐれも企業、公共機関、民間部門ではもう少し気を使ってほしい」と呼びかけた。

一方、文化体育観光部(部は省に相当)は昨年、韓国固有の発酵食品「キムチ」の中国語翻訳及び表記を「辛奇」と明示した。

関連記事(外部サイト)