「故意の衝突疑惑」で…ぎくしゃくしたショートトラック女子韓国代表、「息が詰まる表彰台」が話題に

「故意の衝突疑惑」で…ぎくしゃくしたショートトラック女子韓国代表、「息が詰まる表彰台」が話題に

「故意の衝突疑惑」で…ぎくしゃくしたショートトラック女子韓国代表、「息が詰まる表彰台」が話題に(画像提供:wowkorea)

「故意の衝突疑惑」などで、ぎくしゃくしたショートトラック女子韓国代表の「息が詰まる表彰台」が韓国で話題になっている。

女子ショートトラック韓国代表チェ・ミンジョン(23)、シム・ソクヒ(25)がメンバーとして合流した代表チームが、2022国際氷上競技連盟(ISU)ショートトラック世界選手権リレーで金メダルを獲得。しかし、授賞式では「息の詰まるシーン」を見せたという。

韓国代表チームは11日(日本時間)、カナダ・モントリオールで開かれた2022国際氷上競技連盟(ISU)ショートトラック世界選手権3000メートルリレーで金メダルに輝いた。

表彰台の最も高い位置に立った韓国代表チームは、笑顔で互いの胸にメダルをかけ合った。しかし、一番左に立っていたシム・ソクヒは硬い表情を崩さず、居心地が悪そうにしていた。これに、年長者のキム・アランはシム・ソクヒを気遣って他の選手に「(メダルを)かけてあげて」と声をかけると、ようやくシム・ソクヒも少しだけ笑顔を見せた。

これに先立ち、シム・ソクヒは昨年10月、2018冬季オリンピック当時、代表チームのAコーチをやりとりしていた指摘メッセージが公開され、さらに「故意の衝突疑惑」まで浮上し、世間からバッシングを浴びた。

この騒動でチェ・ミンジョンは大きなショックを受け、シム・ソクヒはチェ・ミンジョンに対して連絡して謝罪の意思を伝えようとしたが、チェ・ミンジョンは所属事務所を通じて「謝罪しようとしないでほしい」と立場を明かしていた。

北京冬季オリンピックに出場できなかったシム・ソクヒは、懲戒が明けて代表に合流。しかし、選手たちの間にはまだ「距離があるようだ」と韓国メディアは報じている。

関連記事(外部サイト)