「コロナがうつるかもしれないから」…犬を殺した中国防疫要員に批判殺到=韓国報道

「コロナがうつるかもしれないから」…犬を殺した中国防疫要員に批判殺到=韓国報道

「コロナがうつるかもしれないから」…犬を殺した中国防疫要員=韓国報道(画像提供:wowkorea)

封鎖された中国・上海で、防疫要員が道端に飛び出したペット1匹を殺した事件が発生し、批判が殺到している。

6日(現地時間)、ウェイシンなど中国のソーシャルネットワークサービス(SNS)では、上海浦東地区のあるマンション団地を担当していた防疫要員1人が、封鎖されたマンションから抜け出し、道端に飛び出したウェルシュコーギーと推定される子犬1匹を殴る映像が拡散された。 映像で防疫要員は走り回る子犬を追いかけ、手に持っていた道具で子犬を殴りつけた。 映像を撮った住民は「残酷すぎる」と防疫要員を非難した。

中国のインターネットメディア「カンカン新聞」などによると、この子犬の飼い主は該当コミュニティのチャットルームで「子犬を捨てたのではなく、家に餌が残っていないため、隔離車に移送される過程で担当者に面倒を見てほしい」と伝えた。 いっそのこと外に放してくれれば飢え死にせず命だけでも助かったはずなのに、このように殴り殺すとは思わなかった」と話した。

現在、公的な見解が発表されていない中、「普天映像」というある映像制作プラットフォームは、該当コミュニティの防疫担当者と推定される人物と通話した音声を公開した。 彼は「犬の飼い主が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、どんな細菌が伝染するか心配だった」とし「周到さが足りなかった。 当時、あまり考えられなかった」と過ちを認めた。 さらに、「該当地域の総書記が犬の飼い主と連絡を取り、賠償問題について説明する」と付け加えた。

このような釈明に、中国内の世論はさらに悪化した。 ネチズンたちは「賠償すればいいのか。 どのように値をつけるのか」、「コロナはウイルスであって細菌ではない。 なぜ殺したのかも分かっていないようだ」、「とても胸が痛い」などの反応を見せた。

一部では、中国当局の過度な防疫政策に対する不満も出ている。 一部のブロガーたちは「上海という大都市がどうしてこのようになってしまったのか」と嘆いたりもした。

関連記事(外部サイト)