テレビ番組にも出演中の韓国有名シェフ、中華料理店「木蘭」釜山店閉店へ…新型コロナ以降赤字続く

テレビ番組にも出演中の韓国有名シェフ、中華料理店「木蘭」釜山店閉店へ…新型コロナ以降赤字続く

テレビ番組にも出演中の韓国有名シェフ、中華料理店「木蘭」釜山店閉店へ…新型コロナ以降赤字続く(画像提供:wowkorea)

韓国のスターシェフであるイ・ヨンボク氏が中華料理店「木蘭」プサン(釜山)店を閉店すると知らせた。

イ・ヨンボク氏は12日、自身のInstagramを通じて中華料理店釜山店の営業終了を知らせた。

彼は「これまで私たちの食堂をたくさん愛してくださってありがとうございます。本当にたくさん愛されて楽しく運営してきました。誠に残念ですが、4月30日を最後に営業を終了します。たくさんの愛をありがとうございます」と残念な気持ちを吐露した。

イ・ヨンボク氏は多くの放送を通じて、新型コロナウイルス以降、赤字が続いたと告白してきた。イ・ヨンボク氏は「昨年の売上統計を出したが、赤字が1億2000万ウォンだ(約1200万円)。一生懸命頑張って赤字を埋めなければならない」と話していたが、結局耐え切れず閉店を決定した。

一方、イ・ヨンボク氏は現在、KBSバラエティ「新商品発売〜コンビニレストラン 」に出演中だ。

関連記事(外部サイト)