0-9歳の感染率50%を超える…今月中に「集団免疫」獲得か=韓国

0-9歳の感染率50%を超える…今月中に「集団免疫」獲得か=韓国

0-9歳の感染率50%を超える…今月中に「集団免疫」獲得か=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国で、満0~9歳の乳幼児および小児の新型コロナウイルス累積感染率が50%を超えた。これは、全国民の感染率(28.4%)の2倍に達する水準で、ワクチンの未接種と先月の始業および対面授業による集団生活、毎週1-2回、迅速抗原検査を行っていることなどの影響とみられる。

政府は先月31日から満5-11歳の小児に対するファイザーワクチン接種を開始したが、接種率は1%にも達していない。ワクチンによる予防効果が期待できない0-9歳の子どもたちは、今月下旬には感染による自然免疫が70%を超え、集団感染の水準に達するという分析も出ている。

中央防疫対策本部によると、同日午前0時基準の新規感染者は28万6294人(累積1455万3644人)と集計された。 前週水曜日の3月30日(42万4641人)比32.6%も感染者が減少し、明確な減少傾向を記録した。 特に、2月中旬以降、毎週火曜日から水曜日に移る時点で、感染者が急増していた現象が目立って緩和した。

オミクロン変異の流行は3月3週目(13~19日)をピークに3週間連続で減少傾向が続いているが、0~9歳は10万人当たりの感染者数が4万8494人で、全体の2万8184人より72.1%も高い水準となっている。このため、3月1日午前0時基準で39万2246人だった該当年齢層の感染者数は、同日午前0時基準で182万3539人と、約1か月で5倍近く急増した。

0-9歳の累積感染率は50.3%(362万4712人のうち182万3539人)で、全体年齢層のうち初めて半分を超えた。

問題は0-9歳のコロナ拡散を防ぐ方法がないという点だ。

ワクチン接種の場合、18歳以上の成人の場合、2次以上のワクチン接種率が96.4%に達し、60歳以上の高齢層は3次接種率も89.2%に達している。 一方、0-4歳はワクチン接種の対象ではなく、5-9歳は先月31日から小児用ワクチン(5-11歳)の接種を開始したが、接種率は0.7%に止まっている。 また、小児用ワクチンの場合、基礎疾患者など高危険群にのみ接種が推奨され、一般小児は各自に任されている。

特に小児用ワクチンは1・2次接種間隔が8週間で、2次接種後2週間が経過しなければ最大の予防効果が期待できず、流行が進んでいる現時点では、接種率を高める要因が見つからない状況だ。

専門家らはこのような小児感染の憂慮を先月1日、「防疫パス(接種証明・陰性確認制)」の暫定中断前から提起してきた。

コリョ(高麗)大学クロ(九老)病院感染内科の キム・ウジュ教授は、「政府は登校するかどうかを学校長に任せ、責任を回避してきたが、納得できなかった。対面授業をすれば学校で広がるのは当然で、接種が必要だが、すでに手遅れだ」とし、「疾病管理庁の計画通り、3月末に接種していれば、オミクロンの流行は終わっていたはず」と指摘している。

一部では0-9歳は予防よりは重症治療に焦点を合わせ、軽症がほとんどであるため、感染率が70%を超えれば自然集団免疫の可能性も取り上げられている。

イファ(梨花)女子大学モクドン(木洞)病院呼吸器内科のチョン・ウンミ教授は、「オミクロンはワクチンで予防効果を期待することが難しく、0-9歳はほとんど軽症であるだけに、一部の重症治療に集中しなければならない」とし、「子どもたちは一度感染すれば再感染する事例がほとんどなく、70-80%が自然感染すればワクチンが要らなくなる集団免疫になる可能性もある」と話した。

関連記事(外部サイト)