韓国外相、米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表と面会

韓国外相、米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表と面会

韓国外相、米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表と面会(画像提供:wowkorea)

韓国チョン・ウィヨン(鄭義溶)外交部(外務省に相当)長官が19日、韓国を訪問中の米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表と面会し、朝鮮半島平和プロセスの持続的進展を呼びかけた。今回の面会は鄭長官の任期内最後の面会と見られる。

外交部によると鄭長官は同日午前、キム代表に「現政府の任期中、朝鮮半島問題に関して韓米間で緊密な協力と疎通が行われてきたことを評価し、今後も朝鮮半島平和プロセスの持続的な進展を通じて、朝鮮半島での平和と安定が維持されなければならない」と強調した。

鄭長官はまた、最近の朝鮮半島の厳しい状況については、「堅固な韓米連合防衛態勢の下、韓米間の隙間のない協力をもとに、北朝鮮が追加状況の悪化措置を自制し、対話に復帰できるよう緊密に協力していこうと述べた。

キム代表はこれに共感を示し、緊密な韓米協力の下に北朝鮮の挑発に断固として対応する必要性を強調する一方、米国は北朝鮮との条件のない対話に開かれている立場であることを再確認した。

一方、キム代表は来る20日にはパク・ジン(朴振)外交部長官候補と面会し、次期政府での対北政策の方向性などについて議論する予定だ。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?